【家計管理】私は袋わけ派【ビバホームのメッシュケースで】

2020/02/23
  • 主婦のひと工夫で価値を生み出す「錬金マジック」研究家。暮らしを楽しみお金を増やす工夫を日々研究中。もっと見る>>

こんにちは。
サンキュ!スタイルライターのママーリオです。

みなさんの家計管理スタイル、どんな方法をされていますか?

私は「袋わけ派」です。

分けている項目は

光熱費/食費/米代/
通信費(スマホ・ネット・固定電話)/こども費/
夫こづかい/ガソリン代/医療費/
被服費/雑費予備費/レジャー費/
小学校納入金/子供習い事費/
先取り貯金/投資信託用/
年払い分/メガネや家電故障の供え

※画像は全部の袋ではありません。

項目多いけど、分けておけば安心。

分ける項目が多いので、ちょっと大変だと感じることもあるのですが・・・
分けておけば、貯蓄を取り崩すこともないので安心できます。

袋の中の紙にメモして管理

袋の中の紙に、日付とお金の出入りをメモしています。
ほとんどがクレジットカード決済なので、予算と相殺して書き込みになります。

袋わけの良いところは、袋の中に「残し貯め」ができることです。

画像は光熱費ですが、ライフラインのため予算には余裕を持たせています。
光熱費は季節によって変動が大きいため、少ない月の残りが袋に残っていることで多い月の処理ができますし、節約を頑張れば、年末には袋の中に結構な金額の「残し貯め」ができています。




ビバホームのメッシュケースを使っています

定価98円なので、100均よりも少しお安い。
お札を入れるのにちょうどいい感じのサイズ感です。

このまま持ち出せるのも便利

医療費のケースの中に診察券を入れて病院に行くなど、このまま持ち出すこともできます。
(中の紙と予算が見えると恥ずかしいので、ひっくり返します・・・)

以前は封筒で袋わけしていたのですが、メッシュケースに変えて1年経ち、こちらのスタイルの便利さを感じています。


記事を書いたのは・・・ママーリオ
中学1年・小学6年姉弟のアラフィフママ。
主婦の「手仕事」「工夫」「アイディア」で価値やお金を生み出す「錬金マジック」を日々模索しています。

↑ライターサイト内にマイページができました↑
私の記事がまとめて読めます。あわせてご覧ください。


計算中