【楽天ポイント貯金箱】1年間で○万円を現金化!昨年よりも多く貯まった理由は!?

2020/05/15
  • 主婦のひと工夫で価値を生み出す「錬金マジック」研究家。暮らしを楽しみお金を増やす工夫を日々研究中。もっと見る>>

こんにちは。
楽天ポイント大好きなサンキュ!STYLEライターのママーリオです。


獲得した「楽天スーパーポイント」を、使ったら貯金箱へ「つもり貯金」する「楽天ポイント貯金」をしています。貯金箱は蓋のついた空き缶に紙を巻いた簡単なもの。使った内容もメモして一緒に貯金箱に入れています。
年度単位で集計していますので、今回の結果は2019年度を3月末締めで集計したものになります。

3月末で2019年度集計結果は?

貯金箱の中身は74800円でした!

昨年度の楽天ポイント貯金箱では約6万円貯金できました。
今回はそれを上回る金額を貯金箱に貯めることができました。
この1年は節約の意識が高まり、買い物やカード利用が減っている印象だったので、獲得ポイントも減ったかな?と思っていたのですが、嬉しい誤算でした。

楽天市場での購入は前年より5万円減でもポイント獲得数はアップ

ポイント獲得のために必要以上に買い物をしていたら本末転倒ですので、2018年度と2019年度の楽天市場での買い物金額を確認したところ、購入金額は5万円ほど減っていました。
お買い物マラソンなどポイントアップの機会の利用、SPUでのポイントアップなどを活用し獲得ポイントを増やすことができたのだと思います。

私が使っている楽天サービスとSPU

SPUプログラムはたびたび内容が変更になります。新しいSPUが追加されることも多いので、チェックが必要ですね。現在は上記のサービスを使ってポイント6~6.5倍です。楽天モバイルのエリアが拡大されたら、スマホ乗り換えも検討したいですね。

具体的なポイント使い道を見てみると

以前は楽天ポイントを街で使える用途も限られていたため、期間限定ポイントを楽天市場で使うこともありましたが、現在は期間限定ポイントの利用法も増えたため楽天市場の買い物ではポイントを使わないようにして、ポイントを多く獲得できるようにしています。

期間限定ポイントで電気代が払える!

「楽天でんき」の支払いに楽天ポイントを設定すると(金額設定もできる)、自動的に期間限定ポイントから優先的に使われるため、キャンペーンで多めに獲得したポイントも無駄なく利用でき、大変メリットを感じています。

用途が明確だと、ポイント貯金しやすくなる

ポイントは、「得した!」という気持ちから、なんとなく使ってしまうことも多いと思うのですが、電気代のような光熱費や投信積立はもとから支払うために予算を組んでいますよね。
ポイント⇔現金の交換が明瞭なので、貯金箱にも入れやすいです。

まさに、「錬金マジック」!

ポイントを集めて、買い物やレジャーに使って節約する方法もありますが、つもり貯金に結びつけることで、ポイントが「現金」に変わります。
ポイ活は、ひと工夫で、いままでなかったお金が生まれる「現代の錬金術」ですね。ポイ活は様々な活用法があると思いますが、私はポイント単独でどれだけ貯金できるかを「見える化」できるこの貯金箱方式が合っているようです。2020年度ももちろん続けます!

記事を書いたのは・・・ママーリオ
中学1年・2年姉弟のアラフィフママ。
主婦の「手仕事」「工夫」「アイディア」で価値やお金を生み出す「錬金マジック」を日々模索しています。

↑ライターサイト内にマイページができました↑
私の記事がまとめて読めます。あわせてご覧ください。


計算中