【8月の電気代節約】風を感じて節約できるおすすめグッズご紹介

2020/08/02
  • 主婦のひと工夫で価値を生み出す「錬金マジック」研究家。暮らしを楽しみお金を増やす工夫を日々研究中。もっと見る>>

こんにちは。
中学1年・2年のママでサンキュ!STYLEライターのママーリオです。
光熱費の節約を意識し、昨年8月の電気代の1万円ダウンに成功しました。
夏の電気代のメインはやはりエアコン。子供が小さい時は防犯の観点から窓を開けずにエアコンが多かったのですが、昨年からは積極的に窓を開けて風を入れることを意識し、電気代が下がりました。それ以上に窓を開けると季節や自然を感じられるメリットも感じました。

8月は風を楽しめる月

エアコンを使わず窓を開けて過ごすのは気温が上がり過ぎない7月や秋を感じる9月のほうが向いているように感じますが、7月は梅雨の雨、9月は台風の影響で窓を開けられない日がとても多いのです。8月は日中は猛暑でも夕方から涼しくなる日も多いですし、日中も風が抜けて涼しく感じる日もあります。エアコンで身体を冷やしすぎず、健康にも良いです。

玄関網戸をつけたら一気に風通しが良くなった

防犯や、ご近所の兼ね合いもあるかもしれませんが、我家の場合、玄関網戸を設置したら、格段に風通しが良くなりました(トップ画像)。こちらは我家の玄関に取り付けているものと同じものです。マジックテープで簡単に設置でき、開閉は中央のマグネットでピタっと閉まるので、虫が家に入るのを防げます。値段もとても安いので、おすすめです。

網戸の張替えは意外と簡単

久しぶりに網戸をフル活用しようとしたら、傷んだり、穴があいていたりしたので、自分で張替えに挑戦しました。意外と簡単です。道具も100円ショップやホームセンターで安価で手軽に購入できます。張替え方はネット上にたくさん親切な説明がアップされていますよ。

注意:風に飛ばされるインテリアは移動

思ったより強い風が入ってくることもあり、壁に貼っていたものがめくれて落ちたり、軽い飾り物が吹き飛ばされることがありますので、気をつけてください。

風を感じ、虫の声を聴く

エアコンで締め切っていると気がつかない、風の涼しさは身体に優しいです。
昼はセミ、夜はカエルの鳴き声がうるさいくらいに聞こえたり、9月が近づくと共に秋の虫の声が聞こえるようになったり。自然や季節を実感できます。環境への関心も高まります。

猛暑日・熱帯夜はムリしないで

真夏ですので、風があっても暑く感じる日もあります。
涼しいと思えなければ、無理をしないでエアコンを使用し、熱中症や不眠による体調不良を予防しましょう。

記事を書いたのは・・・ママーリオ
中学1年・2年姉弟のアラフィフママ。
主婦の「手仕事」「工夫」「アイディア」「エコロジー」で価値やお金を生み出す「錬金マジック」を日々模索しています。

計算中