未来へ投資!「環境」テーマの注目企業

2021/03/23
  • 主婦のひと工夫で価値を生み出す「錬金マジック」研究家。暮らしを楽しみお金を増やす工夫を日々研究中。もっと見る>>

こんにちは。
投資歴7年でまだまだ勉強中の中学生ママ、サンキュ!STYLEライターのママーリオです。
SDGsへの関心の高まりもあり、ESG投資に注目しています。

ESG投資とは?

ESG投資とは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス=企業統治)の3つの観点から将来性などを分析して企業を選んで投資することです。中でも「環境」は主婦の立場からも身近に感じられますし、脱炭素を中心に世界中で環境関連が注目テーマとなっています。

未来へ投資!日本の企業もがんばって!

再生可能エネルギーベクトルコンセプト フラットスタイルイラスト
axel2001/gettyimages

脱炭素、クリーンエネルギー、サスティナブル、そのような活動の企業に投資することは地球の未来への投資ともいえます。アメリカのテスラが大注目されていますが、日本の企業も頑張っているし、もっとがんばって欲しい!
私が注目する日本企業をご紹介します。
(あくまで個人的見解です。投資判断は自己責任でお願いします。)

ユーグレナ

ミドリムシを活用した健康食品などで有名なユーグレナ。ミドリムシの栄養価の高さもさることながら、バイオ燃料の原料となったり、ミドリムシの搾りかすを使って代替プラスチックの材料とする研究がされているそうです。植物のように葉緑素を持っているので培養で二酸化炭素(CO2)を吸収してくれる緑ムシは本当に環境に優しい生き物としてこれからさらに注目されそうです。

不二製油

お菓子作りのクーベルチュールチョコレートとして、不二製油のチョコを愛用している私なのですが、この不二製油が「大豆ミート」の国内シェアNo.1であることを知ってビックリしました。
家畜を育てることは環境負荷が大きいため、肉を減らして代替品へ移行しようという動きが増えています。蛋白質の確保として昆虫食も注目されていますが、食べる勇気がいる人も多いですよね。大豆製品はなじみが深いので、もっともハードルが低い代替品だと思うので注目しています。

日産(NISSAN)

2020年10月、菅首相が就任時に行なった演説で、日本として「2050年までのカーボンニュートラル(脱炭素社会)を目指すこと」を宣言されました。
クルマの電動化、電気自動車のリーダー的存在といえる日産自動車も、「2050年カーボンニュートラルの目標を設定した」と発表しました。製品レベルだけではなく、車を作る工程や使用後の車のリサイクルなども含めて目標設定していて、注目しています。

コロナで急激に未来が近づいた実感

コロナの影響により、リモートワーク、非接触サービスなど、まだ先と思われた未来が一気にやってきた体感を得て、未来って思ったよりも先ではないのかな、と思ったりしています。
未来への投資も、そんなに遠くの未来じゃなくて、2~3年で実りあるのかもしれない。そんな風に思うととってもワクワクします。

投資は自己責任で

この記事の内容は私の個人的なものです。最終的な投資判断は、ご本人の自己責任でなされるようお願いいたします。

記事を書いたのは・・・ママーリオ
中学1年・2年姉弟のアラフィフママ。
主婦の「手仕事」「工夫」「アイディア」「エコロジー」で価値やお金を生み出す「錬金マジック」を日々模索しています。

計算中