テレビ漫画モックアップ

【おうち時間を楽しもう】怖い!けどハマる!ママ友地獄系ドラマ3選

2021/01/15
  • セラピスト&事務職パートを掛け持ちする10歳の男の子ママ。自分にもできる地球に優しい暮らしを模索中! もっと見る>>

リラクゼーションセラピストと事務職のパートを掛け持ち中!小学5年生の男の子ママのサンキュ!STYLEライターのまるやまひろこです。

緊急事態宣言により、外出を控えているという人も多いですよね。
今回は、ママならついついハマってしまう?!ママ友をテーマにしたおすすめドラマをご紹介します。

お受験幼稚園が舞台!セレブママたちのドラマ

2015年に放送されたドラマ「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」はバツイチでお弁当屋さんをはじめたシングルマザーが保育園に落ち、ひょんなことから名門幼稚園に息子を通わせるところからお話がスタートします。
セレブママたちにはじめはなじめなかった主人公ですが、話が進むうちにそれぞれのママとの衝突や和解などによって友情が芽生えていきます。
ママ友ドラマによくあるドロドロ系よりはさっぱりしていて、一見華やかで、憧れるようなセレブ生活を送っているママたちも実はそれぞれ悩みや葛藤を胸に秘めていて、1話ごとにそれぞれの悩みが前進して解決していくのでついつい一気見したくなるドラマです。

美しく謎の多い隣人の正体は?

2016年に放送された「砂の塔」は、平凡だけど幸せに暮らしていた主人公があこがれのタワーマンションに引っ越してくるところから始まります。
タワーマンションで繰り広げられる、ママカースト・いじめ・犯罪などを題材としているサスペンスドラマです。
菅野美穂さんが演じる一見普通の主婦の主人公に隠された秘密や、松嶋菜々子さんが演じる隣人の謎など毎回ハラハラする展開に目が離せないドラマです。

これぞTHE・ママ友地獄

2011年に放送された「名前をなくした女神」は、ワーキングマザーでバリバリ働いていた主人公が会社からリストラされてしまい、家族で新しい街に引っ越してきたところからスタートします。
幼稚園で出会ったそれはそれはキャラの濃いママ友たちの中で渦巻く嫉妬、見栄、嘘、裏切り、騙し合いなどのドロドロとした人間関係を描いています。
一見幸せそうだったり、あこがれの的のママたちも実は夫との間で悩み苦しんでいたりと、家庭での悩みもあり、みんな「母として妻として」家庭を守ることに必死な様子もうかがえて、本当の悪人がいないのもリアルだと感じました。

ありがたいことに、筆者は今のところドラマのような恐ろしい経験はしていませんが、テーマが「ママ」という点でどのドラマも面白かった!と思った作品ばかりです。
お家で過ごす時間のお供に、気になる作品があったらぜひチェックしてみて下さいね。

この記事を書いたのは・・・まるやまひろこ
4歳年上の夫と、ディズニー大好き!プーさん大好き!な小学5年生の息子と3人暮らし。
普段はリラクゼーションセラピストとして日々奮闘中!5月から事務の仕事も始めました。

計算中