LDK14畳収納なし!4人家族ですっきり暮らす工夫

2020/02/10

  • 狭小住宅3階建てに住む整理収納アドバイザー。5歳と10歳娘のママ。シンプルライフを目指し日々奮闘中。もっと見る>>

8坪の狭小住宅3階建て旗竿地に、夫・娘2人と住みシンプルライフを目指す整理収納大好き!ライターのmiokoです。

14畳のLDKに収納の無い我が家。
3階建てという建物の特徴上、生活動線の無駄を省く為に2階のリビングにほぼ全てのものを置いています。(私と夫の衣類や季節家電は1階)

そんな我が家が部屋をなるべくすっきり見せる為にしている工夫をご紹介したいと思います。

使うものだけを置いている

必要最低限の生活が出来るものを厳選して持つようにしています。
使わないものは定期的に見直してすぐに手放す。
狭い家では使わないものにスペースを奪われるのはとても無駄な事。
ものが増えても部屋や収納スペースは広がらないので、手放す作業を家族で習慣化する事でものが増えないようにしています。

子供の学用品・おもちゃ・衣類なども全てリビングに置いてありますが、「今」使うものだけを収納すればそれほどスペースは必要ありません。

全てのものに住所をつける

LDkに置いてあるものは全て置き場所が決まっています。
全てのものに住所を決めて、使ったら元に戻す。

家族に「ママ○○どこ~?」と聞かれなくいのってとても楽なんです。
いちいち家事の手を止めて対応するのって大変ですもんね。

毎日使うかばん類や細かなもの、子供達が書いたお絵かきや何となく作った作品の住所も予め決めておきます。

夫や娘達は片付けがあまり得意な方ではないので、使いやすく戻しやすい簡単な収納で散らかりを防止するようにしています。

インテリアや家具の色を統一

我が家は無印の家具をメインに使用しています。
家具の色や系統が揃っているだけで統一感が簡単に出せます。

インテリアもあまり色を多用しないで、シンプルなものにする事で雑多感は出ません。
白、黒、グリーンが多いです。
インテリアを揃える時に色に困ったらとりあえず白を選ぶ事が多いですね。

寝る前のリセットタイム

どんなにものが少なくたって人がそこに生活していれば部屋は散らかります。
我が家も子供が2人いるので平日の夕方や土日はとても散らかります。

でも寝る前に「リセット」する事で元通り。
全てのものの住所を家族が把握出来ていれば簡単に元に戻す事が出来ます。
散らかってもすぐに片付く安心感はとても大きいです。

翌朝起きた時に整ったリビングを見ると一日のやる気が断然違う!
4人家族でもこれで何とかすっきりをキープ出来ています。

◆記事を書いたのは…mioko
狭小住宅3階建てに住む整理収納大好き!10歳と6歳の女の子のママ。
狭いスペースですっきり暮らすコツ、オススメ収納グッズを使った整理収納術をご紹介。

計算中