片づけたのに家が綺麗に見えないのはなぜ?お部屋を綺麗に見せる3つのコツ!

2020/02/07

  • 8歳双子と2歳長男の3人の子どもを持つワーママで、整理収納アドバイザーです。もっと見る>>

こんにちは、整理収納アドバイザー兼
サンキュ!STYLEライターのkaehalonです。



部屋を片付けたのになんだか部屋が
すっきり綺麗に見えない?っていう
経験ありませんか?



実は部屋をすっきり綺麗に見せるには
コツがあるのです。



そのうちの3つをご紹介したいと思います!

面積の大きい平面には物を置かない



床が代表例となります。
目に入る面積が大きい為ここに物が
置かれていると(点在していると)
視覚的判断としてすっきりしていない
=綺麗でないと感じてしまいます。

キッチンカウンターやダイニングテーブルも
同様です。


目に入る面積が多い場所に
物が置かれていないだけで
部屋が見違えてすっきり綺麗に見えるのです。


いつでもというのは難しいかも
しれませんが
お部屋のリセットタイムや
お客様が来られるような時には
全部片づけてしまいましょう!

部屋のカラーを絞る



我が家の場合は
1階リビング・ダイニングのカラーは
白をベースにしており、
極力他の色味は抑えるようにしています。


カラーが統一されていると
すっきりと見える効果があります。


カラフルなのも可愛いですが、
すっきり綺麗に見せたい場合は
主張の少ない白やベージュ、
ナチュラルカラーをベースに
するのがおススメです♪

目に入るポイントを絞る




扉を開けた時一番目に入る場所に
グリーンやお花だったり
何か挿し色になるものを飾るのも
視覚がそこに集中して
インテリア効果が高まるので
おススメです!


ただし、その場所は絞ることが大切!


目が行くポイントが複数あると
お部屋がすっきりして見えず、
モノが多い印象となってしまいます。


まとめ



片づけたのに部屋が綺麗に
見えないのは残念ですよね。


今回お伝えした綺麗に見えるコツに
共通しているのは
目に入る情報を減らすということです!


目に入る情報量が増えると
人は疲れを感じたりすると同時に、
その場所が綺麗でないと感じてしまいます。


ぜひお部屋が綺麗に見えるよう
大きな平面の場所には物を置かない。
部屋のカラーを絞る。
目に入るポイントを絞る。に
気を付けて片づけてみて下さいね!





🔸この記事を書いたのは・・・kaehalon
整理収納アドバイザー兼サンキュ!STYLEライターで小学2年生の双子の女の子、2歳の男の子の3人の子どもをもつワーママです。

計算中

関連するキーワード