【スッキリ暮らしてお金を貯める】プチ稼ぎにも!連休中に片付けておくべき場所2つ

2021/04/24
  • 家事は適度に簡単に!ズボラでもスッキリ暮らすコツや簡単にできる掃除方法について発信していきます。 もっと見る>>

少ない物ですっきり暮らして年100万円以上を貯金中のサンキュ!STYLEライターちぃこです。

もうすぐGWですね。残念ながら今年もコロナウイルスの影響で外出は難しい状況ですが、そんな時こそ家の中を整えてみてはいかがでしょうか。

連休中、リサイクルショップへの持ち込みは大変

片付けると出てしまうのが不要品。未使用のものや状態の良いものだと捨てるのは勿体無いですよね。リサイクルショップへ売りに行こうにも連休中は多くの人が持ち込むため査定に時間が掛かります。

そんな時に活用したいのがメルカリやラクマなどのフリマアプリ。出品の手間こそ掛かりますがリサイクルショップよりも高い値段で売れる場合が多く、どうせ売るならフリマアプリに出品した方がプチ稼ぎにもなって一石二鳥です。

連休中は出品者も増えますがフリマアプリで買い物をする人も増えるので、売れやすい時期なんです。

連休に片付けるべき場所とは?

①クローゼット

GWの期間は衣替えの時期でもあるので、特にクローゼットの整理がオススメです。連休で家族が在宅であれば自分の服以外に家族の服も一緒に見直せます。

フリマアプリではこれから着られる夏服はもちろん、春服でも初夏まで着られるワンピース、シャツやブラウス、冷房対策として羽織れるもの等もフリマサイトで売れやすいですよ。

②本棚

GWや夏休み期間中は本がフリマアプリで売れやすいので、本棚の整理もオススメです。私は本をフリマアプリで売るときは長期連休に合わせて出品していました。

学生の利用が高まるのか、小説やエッセイがよく売れました。新刊や話題の本でなくてもタレントのエッセイ本、数年前に流行った本や人気作家の過去作等もよく売れました。私は本が好きなので罪悪感もあって思うように手放せなかったのですが、フリマアプリへの出品なら「次に読んでくれる人がいる」と思えるのでスッキリした気持ちで手放せました。

本を手放すなら学生やサラリーマンが連休で本を読む機会の増える夏がオススメ。この機会に本棚の整理をしてみてはいかがでしょうか。

売れ残ったものは配送査定という手も

フリマアプリで中々売れないものは段ボールに送って査定してくれる買取業者の利用もオススメです。フリマアプリほど値段はつきませんが、ダンボールの代金や配送料が無料だったり、集荷サービスを利用できたりと手軽さがメリットです。

片付けをしていると不要品は必ず出てきます。やみくもに捨てるのではなく、「次に使ってくれる人を探す」ことで手放す罪悪感も薄れ、ちょっとしたお小遣いにもなるので手放す手段として私はよく利用します。

しかし、思った以上に値段がつかなかったと感じる事も多いです。フリマアプリでの出品は梱包や購入者とのやりとりなどの手間が発生します。これらを経験する事で、物を手放すには労力がいるという事に気づくはず。

私も物欲に負けて多くの物を所有しては手放して…を繰り返していました。それに気づいてからは物を買うとき、「大事なお金と交換してまで欲しいのか?」と自問してから買うようにしています。

▶この記事を書いたのは…ちぃこ
やりくり費5万円で暮らす節約主婦。楽しい貯金生活を目指しています。

計算中