【寝る前ストレッチ】便秘解消お腹ストレッチ!捻るポーズでデトックス効果を高めよう

2024/06/04
  • ヨガインストラクター&スイーツ好き。女性のための美容と健康に役立つヨガを発信しています。もっと見る>>

アラフィフからの美容と健康に役立つヨガをお伝えする、ヨガ講師でサンキュ!STYLEライターのぞみです。

私も年齢的にアラフィフ世代になり、日頃から身体ケアが欠かせなくなっています。

今回は、自宅できる毎日やりたい「お腹を捻るストレッチ」をご紹介。
寝る前に行える内容なので、日々の身体ケアとして活用してみてくださいね。

お腹を捻る効果は?

普段の生活であまり捻るという動作を行わずに生活してしまいがち。
実はお腹の腹部には内臓があり、背中側には背骨がありとても大事な部分です。
捻る動作というものは体にとても良い働きかけをする動作になります。
日々気をつけてやっておきたいストレッチの一つです。

捻る動作で得られる効果は、

・内臓を刺激してデトックス効果が高まる
・腸の刺激が入り便秘解消につながる
・背骨や背中の筋肉がほぐれ背骨の歪みの調整などに役立つ

このように、捻るポーズを行うことは体にとても良いことばかりなので、やらないともったいないですよ!

今回紹介するストレッチは布団の上でもできる簡単なポーズなので、布団に入って寝る前にやってみてくださいね。

ワニのポーズで捻る

ワニのポーズ

ワニのポーズはヨガのレッスンでも終わりの方に行われるポーズです。
特にお腹の下腹部あたりの捻りを深めてくれます。深い呼吸で行ってみましょう。

(1) 仰向けで寝ます。
(2) 右の膝を曲げて一度胸の方に近づけてからゆっくり左側へ倒しましょう。
(3) 右手は胸の横あたりに開き床へ下ろします。
(4) 左手で、左膝を上から支える様に持ち無理がない程度に床へ近づけてみましょう。
(3) お腹まで膨らめるつもりで深い呼吸をします。
(4) 30秒ほどキープしましょう。
(5) 反対側も同様に行います。



仰向け捻りのポーズ

前に行ったポーズは片足のみ曲げて捻りましたが、今度のポーズは両膝を曲げて捻ります。
お腹全体を捻りますが、特にお腹の上部側に捻りが深まるので気持ちよく捻ってみましょう。

(1) 仰向けで寝た状態で両膝を立てます。
(2) 一度足を床から持ち上げて胸の方に近づけます。
(3) 膝を揃えたままゆっくり右側へ倒しましょう。
(4) 膝は床へ預けて楽にしてください。多少膝がずれても問題ありません。
(5) 無理なくお腹を膨らめるつもりで深い呼吸を行いながら30秒ほどキープします。
(6) 肩はリラックスさせて気持ちよく捻れているのを感じましょう。
(7) 反対側も同様に行います。

最後はガス抜きのポーズで締めます

最後はお腹のマッサージに効果があるガス抜きのポーズで締めます。
こちらも深い呼吸で行うのがポイントです。

(1) 仰向けで寝て両膝を立てます。
(2) 膝を胸に近づけて両手で抱き抱えます。
(3) 息を吐きながら両手で膝を胸にさらに近づけます。
(3) お腹が圧迫されて心地よく呼吸ができているところでキープしましょう。
(4) 目安は30秒ほどですが、気持ちが良ければさらにキープ時間を長くしてもOKです。

無理せず気持ちよく捻るのがポイント

今回は仰向けで捻るストレッチをお伝えしました。
ポイントは、無理がなく捻れているか、自分が気持ちいいなと感じられているかです。
気持ちよく捻れていれば体も心も落ち着きやすくなるので、寝る前のケアの一つとして取り入れてみてはいかがでしょうか。
気持ちよくやってみてくださいね。

◆この記事を書いたのは・・・
サンキュ!STYLEライターのぞみ。
ヨガをはじめ不調を改善したことをきっかけにヨガインストラクターとして活動中。指導歴は14年。
東洋医学や整体の要素を取り入れて、女性のための健康と美容に役立つヨガやストレッチを発信中。

計算中