【トイレ】年間400万円以上貯めているママ投資家のトイレとは?

2022/01/26
  • ママ投資家。子どもを2人育てながら資産運用を積極的に行っています。 もっと見る>>

出来ることならお金の無駄を0にしたい!
サンキュ!STYLEライターのママ投資家『みさむー』です。
私はちょっとした無駄が嫌いです。無駄なお金が出そうなところはないか常にアンテナを張り資産運用をしながら年間400万円を貯めています。
そんな我が家のトイレの中にも無駄を極力なくすプチ節約が盛りだくさん。
どんなトイレなのかご紹介します!

便座シートで節電

我が家のトイレはウォシュレットで便座が暖かくなるものです。
冬になると便座がひんやりするので便座を暖める人も多いのではないでしょうか。
そう、暖めるということは電気代がそこにかかってくるのです。
電気代を節約するには「ふたを閉める」「使うときだけ電源を入れる」「温度を弱で使う」など様々な方法があります。
しかしながらご想像通り、子供や夫がこまめにトイレのふたを閉めたり電源を入れたり切ったりしません。
それでも気になる電気代。
ふたを閉めることを同じ効果があり弱でも十分暖かくなるので便座シートを100円ショップで購入して貼っています。
電気代でいうと暖めるのにかかるのが月に400円程度。
夏はオフにしていますがそれでも年間4000円以上の節約に繋がると思うと私の性格上やらないと気が済みません。
こまめに洗濯をしていますが半年以上使っていても粘着力は健在です。

トイレットペーパーはシングル

トイレットペーパーはシングル派。
掃除をする際の巻回数も調整しやすいですし、家族が用をたす際のトイレットペーパーの巻き取り方も様々。
シングルだと癖でたくさん巻く家族がいてもイライラしません。
シングルでかつ2倍巻きの物を使えば交換頻度も減り名もなき家事も減り一石二鳥です。

芳香剤は株主優待品

私は「ママ投資家」と名乗っているだけあり株主優待もフル活用しています。
こちらの芳香剤は「アース製薬」様からの株主優待品です。
株主優待は食事券などのイメージも多いですが企業によっては自社製品の詰め合わせを進呈してくださる企業もたくさん。
株主優待もフルに活用しているので芳香剤はめったに購入しなくなりました。

毎日使うトイレも節約の宝庫

我が家のトイレはサンキュ!やインスタグラムで見るようなシンプルで素敵なトイレではありません。
私はいわゆるズボラ主婦。家事はもちろん面倒なことは極力減らしたいことしか考えていません。
けれど、お金の無駄も極力したくないという欲張りな性格なので無理なく出来る方法をいつも模索し続けています。
たかがトイレ。されどトイレ。
小さな節約かもしれませんがこれがお金を貯めている私のトイレです。

●この記事を書いたのは・・・・みさむー
お金は貯めるだけでなく活かそう!夫と小学生と幼稚園児の子供2人を育てるママ投資家です。ママ目線で資産運用や投資の良さや大切さを発信しています。

計算中