【エコで節約】古着を活用!どんなお店を選べばいい?

2020/09/06
  • セラピスト&事務職パートを掛け持ちする10歳の男の子ママ。自分にもできる地球に優しい暮らしを模索中! もっと見る>>

リラクゼーションセラピストと事務職のパートを掛け持ち中!小学5年生の男の子ママのサンキュ!STYLEライターのまるやまひろこです。

オシャレを楽しみたい!どうせ楽しむならエコでなおかつ節約になるとよりうれしい!そこでたどり着いたのが「古着」。
筆者は学生時代のころに古着ブームが到来した世代なのであまり古着に抵抗はないのですが、普段古着を買わない人はどんなお店を選べばいいのか?古着って個性的でハードルが高いのではないかと躊躇している人も多いのではないでしょうか?
今回はおすすめの古着購入店や購入方法をご紹介します。

大手チェーン店のブックオフは掘り出し物がたくさん!

古着初心者におすすめのリサイクルショップは「ブックオフ」。
最近のブックオフは大型店舗が増え、本だけではなく様々な商品を扱っている店舗も増えました。
それぞれの店舗で取り扱っている商品はホームページで確認することも可能です。
ハイブランドものやカジュアルブランドものはブランド別に陳列している店舗も多いので、自分の好みのお洋服が探しやすいですし、ものすごくお手頃価格できれいな商品に出会えることも珍しくないので古着をあまりファッションに取り入れない人でも普段のアパレルショップで商品を選ぶ感覚でお買い物が楽しめます。

自分の服はハードルが高い人はまずは子供服から

ブックオフでは子供服を取り扱っているお店も多いので、自分のファッションに古着を取り入れるのはまだハードルが高いと感じる人はまずは子供服から購入してみるのもおすすめです。
筆者が小学5年生の息子用に購入した「OLD NAVY」(現在は日本での店舗展開は撤退)のアウターはブックオフで購入したもの。

プライスは510円(税込)で裏地がフリースになっていて冬に活用できるアウターを購入することができました。
子供服は1~2シーズンでサイズアウトする人が多いからか、美品のものが多いですし、子供服は大人ほど流行に左右されないので古着でも取り入れやすいので手始めに子供服から古着にチャレンジして感覚を慣らすのも一つの手です。

オフハウスもブックオフ同様初心者向け

ブックオフにロゴがよく似ている「ハードオフ」のグループ店「オフハウス」も初心者向けのリサイクルショップ。
古着屋さんによっては海外からの輸入古着しか取り扱っていないというお店もあるのですが、普段から買い取りのため持ち込まれるお洋服が多数なので日本で販売していて日本にいる人が購入しているお洋服のリサイクルなのでサイズ感もわかりやすいし、デザインも奇抜で着こなしが難しいということはそこまで無いので古着初心者向けです。

若者の支持も厚い!セカンドストリート

お気に入りのブランドなどがある人におすすめなのが「セカンドストリート」。
全国690店舗展開しているセカンドストリートは、ブックオフに比べてブランドものにより特化しているイメージがあります。
店舗によっては「ヴィンテージショップ」として若者向きにディスプレイしている場合も。
こだわりのブランドなどがある人はセカンドストリートは古着アイテムを見つけやすいです。

それでも難しい!という人はまずはフリマアプリ

古着をファッションに取り入れるのはそれでも難しく感じる!という人におすすめなのはズバリ「フリマアプリ」。
ピンポイントでほしい商品が検索できますし、中には発売したばかりのシーズンものを出品している場合もあるので古着を取り入れてみたけど着こなせるか心配という人はまずはフリマアプリでリサイクルに貢献するといいかもしれません。

ファストファッションが流行し、お洋服を手軽に購入できる時代。
つい新しいものを選びがちですが、自分のワードローブに一部でも古着を活用することでリユースにつながると思い、筆者自身も売るのも買うのもリサイクルショップを前よりももっと活用するようになりました。
今まで新品を購入してた服の半分でも古着にするという目標を自らたてて、小さな1歩を踏み出したばかりです。

この記事を書いたのは・・・まるやまひろこ
4歳年上の夫と、ディズニー大好き!プーさん大好き!な小学5年生の息子と3人暮らし。
普段はリラクゼーションセラピストとして日々奮闘中!5月から事務の仕事も始めました。

計算中