おしゃれな竹歯ブラシは簡単にできるエコ活動

2020/09/18
  • セラピスト&事務職パートを掛け持ちする10歳の男の子ママ。自分にもできる地球に優しい暮らしを模索中! もっと見る>>

リラクゼーションセラピストと事務職のパートを掛け持ち中!小学5年生の男の子ママのサンキュ!STYLEライターのまるやまひろこです。

レジ袋有料化などもあり、今までよりも少し環境問題に向き合わなければいけないのかなと気づいた筆者ですが、なかなか今の日本では「脱プラスチック」を完璧にするのは難しいですよね。
1人がストイックに完璧にサスティナブルな生活を送ることはもちろん素晴らしいけれど、100人が少しだけ意識してみるのもきっと大きな意味があるはず。
マイペースな私が「ズボラでもできるちょっとエコ」なことは何か日々考えているのですが、今回は私がはじめたマイペースなエコ活動の一つを紹介します。

毎日使う歯ブラシをちょっと変えてみた

今回紹介するのが「竹歯ブラシ」。その名の通り竹でできた歯ブラシです。
なかなかドラッグストアやバラエティショップで見つけることができなかったので、今回はネット通販を利用し購入しました。
筆者が購入したのは「竹の歯ブラシ スリムヘッド ミッキーマウス 17cm 」楽天で330円で販売されているものです。
スリムヘッドで毛もやわらかいので小学生の息子でも使いやすそうだと思い購入しました。

見た目がおしゃれ!

毎日使うものだから、少しでも環境のことを考えて作られたものにしようと思い購入した竹歯ブラシ。
届いて初めて見た感想は「おしゃれやん!」。
北欧インテリアや今流行の韓国インテリアにもなじみそうな優しいナチュラルテイストでおしゃれでかわいい。
かわいくて地球環境のことも考えている歯ブラシは、無理のないエコ活動なうえにストレスもありません。

ほんの少しだけでも減らしたい

今回購入した歯ブラシは毛の部分がPBT樹脂(ポリプチレンテレフタレート)というプラスチックでした。
自己消火性なので不燃性ではないのですが、完全に脱プラスチックではないのです。
本格的に脱プラスチックを頑張っている方からは「それはエコじゃない」と怒られるかもしれません。
それでも、少しだけでもプラスチックを使っている部分が少ないという小さなことでも、続けていければ小さな変化でも何か変化があるかもしれない。
まだまだエコについて考え始めて日の浅い筆者でもできると始めた小さな一歩。

完璧は難しいけれど、少しだけでも何かできたらいいなという方が、「おしゃれだし、竹の歯ブラシ使ってみようかな?」と思ってもらえるきっかけになればうれしいです。

竹の歯ブラシは最近では土にかえる歯ブラシなども発売されていて、今度はその歯ブラシを試してみたいと検討中です。

この記事を書いたのは・・・まるやまひろこ
4歳年上の夫と、ディズニー大好き!プーさん大好き!な小学5年生の息子と3人暮らし。
普段はリラクゼーションセラピストとして日々奮闘中!5月から事務の仕事も始めました。

計算中