その家事やらなくてOK!私の【ラク家事】習慣~キッチン編~

2020/07/08
  • 狭小住宅3階建てに住む整理収納アドバイザー。5歳と10歳娘のママ。シンプルライフを目指し日々奮闘中。もっと見る>>

8坪の狭小住宅3階建てに夫・娘2人と住みシンプルライフを目指す整理収納大好き!ライターのmiokoです。

家事はもっと楽になれる!家事の効率化が大好きな私がキッチンで日頃行っている【ラク家事】をご紹介したいと思います。

水は買わない!飲み物はセルフ!

お水はシンクの水栓に浄水機を使用しているのでそのまま汲んで飲んでいます。浄水のカードリッジを定期便で届くようにしているので届いたら交換するだけ。重いペットボトルの購入も捨てる手間もありません。(備蓄のストックはしています)ウォーターサーバーも便利ですが、狭い我が家は置き場所に悩むので使用していません。

また、よく使うコップはキッチンのすぐに取れる場所に出しっぱなしにしています。浄水を汲んでそのまま飲んでもらいます。「ママ~。お水ちょうだい。」とは言わせませんよ。

麦茶は水出しで

麦茶は煮出しません。浄水をそのまま入れるだけで水出ししています。

◇水出しのメリット◇
●水を入れるだけなので作るのが簡単。冷蔵庫にほったらかしでOK。冷ます手間いらず。
●温度の上下が少ないので雑菌を防ぐ事が出来る。
●苦みが少ないので子供も飲みやすい。

夏は毎日麦茶を作るので、とにかく簡単なのが一番。麦茶はミネラルも豊富なので汗をかきやすい夏には欠かせません。我が家では無印のアクリル冷水筒を使っています。冷蔵庫のドアポケットに収まるし、口が大きいので洗いやすいですよ。

まな板を使う頻度を減らす

キッチンバサミで切る事が出来る食材は意外と多いんです。特に肉類を切る時にキッチンバサミを使うとまな板を洗う手間が省けて時短に。トレーの上で直接切っています。まな板の雑菌も気になりませんね。

ごみ箱の近くにごみ袋を配置

使う場所に収納する事が使いやすさのポイント。ごみ箱にごみ袋を掛けています。するとごみをまとめた時にすぐにセットする事が出来ます。見てすぐ分かるので夫がごみ出しをしてくれた時でも、新しい袋をセットしてくれるようになりましたよ。(なかなか次のごみ袋までやってくれませんよね!)

子供が手伝いやすい収納の工夫

子供にキッチンでの家事を手伝ってもらいやすいように、食器類の収納の工夫をしています。炊飯器の横にお茶碗としゃもじを一緒に収納する事で自分のご飯をよそってもらいます。

あなたは浮いた時間で何をしたいですか?【ラク家事】で楽して暮らしを整えましょう。
下記関連記事も宜しければご参考になさって下さいね。

◆記事を書いたのは・・・mioko
狭小住宅3階建てに住む整理収納大好き!11歳と6歳の女の子のママ。
狭いスペースですっきり暮らすコツ、オススメ収納グッズを使った整理収納術をご紹介。

計算中