【自己紹介】サンキュ!STYLEライターのdanngoです!

2019/11/06
  • 二児の母。塾講師、学校教師の経験あり。甘いものと日本の古いものをこよなく愛しております。もっと見る>>

こんにちは。サンキュ!STYLEライターのdanngoです。文章を読むのも書くのも好きなアラフォーです。

私のルーツと受け継いだ精神

親が転勤族だったため、「出身は?」と聞かれると困ることがあります。「浪速男と博多女のハイブリッド」と答えることも。父が大阪出身、母が福岡出身だからです。
父方の曾祖母は料亭を切り盛りする商人、母方の祖父は密教系宗派の僧侶でした。環境が大きく違いますが、この2つの職業には共通点があると思っています。

それは、「徹底した合理主義」。人情には引きずられず、見栄を張るのも愚かだと思っているふしが感じられました。その精神を私も受け継いでいるのです。
周囲に流されず自分で選び、ダメなら諦めて無駄な努力はしない生き方。ずぼらといえばそれまでですが、それも1つの個性と捉えています。

学歴、職歴、資格

青山学院大学大学院の文学研究科を卒業しています。日本文学・日本語専攻。
中学受験向けの進学塾で4年間理系教科を中心に教えていました。また私立の中高一貫校で、国語科非常勤講師として約3年間働いていた経験もあります。
中高国語科の教員免許と、漢検準一級を持っています。

国語と漢字の知識を生かし、たまに「サンキュ!」のサイトで難読漢字の記事を執筆しています。
そちらからご訪問下さった方、ありがとうございます。

生き物と食べ物が好き→この地球を守りたい

私のインスタグラムをのぞいてみた人は、あきれてしまうかもしれません。
キラキラした画像とは程遠く、お菓子を中心にした食べ物投稿、昆虫の割合高めの生き物投稿がメインだからです。

食べることが好きで、特に甘いものは生きがい。
祖父が糖尿病だったのにもかかわらず、やめられません。

昆虫は、小さい頃から大好きでした。
公園などに行くと、遊具では遊ばず石ころをひっくり返してそこにいるものを観察していた少女時代。
ファーブル昆虫記やシートン動物記を読みあさり、理科が得意な少女でしたが国語力もついていました。
それが理科メインで教える塾講師の経験や、国語科教員免許取得につながったのです。

そのうち、私の好きな生き物達の生活が人間によっておびやかされていることを知りました。
環境問題と食べ物の問題が密接につながっている事実にも。
大好きな生き物達を守りたい、おいしくて安全なものを食べ続けたい、その想いからSDGsに関心を持つように。
記事でも時々SDGsにふれています。
まだ世間の需要は少ない記事ですが、わずかでも興味を持ってもらえればうれしいと思っています。

息子のこと

2012年生まれの息子と、2014年生まれの娘がいます。息子には障害があり育てにくさに苦労することもありますが、無垢な笑顔に癒されるひとときもあります。
運動の苦手な息子の成長を促すため、休日には自然の多い場所に連れて行き遊ばせることが多いです。
お出かけ情報の記事では、息子のことにふれる可能性があります。どうぞ優しく見守ってください。

計算中

関連するキーワード