【ローソン】3日で約50万個販売。チーズケーキの最新トレンドを取り入れた「濃厚生チーズケーキ」

2022/10/01
  • 整理収納アドバイザー。7歳・13歳の歳の差ボーイズママ。食べることが好き、コンビニレビューも書きます。もっと見る>>

美味しいものを見つけて食べることが大好きな整理収納アドバイザーのたろこです。コンビニスイーツはお値段もお手軽で季節にあわせた新商品も次々と発表されるので、沼にはまると抜け出せません。

今、ネット上で話題になっているローソンで新発売されたチーズケーキをご存じですか?本日は、【濃厚生チーズケーキ】について感想をお届けします。

濃厚生チーズケーキ

価格:248円(税込)
カロリー:200kcal

とろける新食感の濃厚チーズケーキ。

チーズケーキとひとことで言っても、ベイクド、レア、スフレ、バスク風、ニューヨークなど、食感も固さも様々な種類があります。その時代によってトレンドが変わっていき、最近のチーズケーキのトレンドは「濃厚さ」と 「とろける食感」。そして、そこを目指して作られたのが、今回販売された「濃厚生チーズケーキ」です。

小麦粉は使わずに、厳選した2種類のクリームチーズを使用することでやわらかさとクリーミーなコクを、じっくりと低温の湯煎焼きをすることで、 舌の上ですっと溶ける口どけを実現したそうです。また、レモンではなく柑橘(ライム、イヨカン、ヒュウガナツ)を使っているのが特徴です。

いただいてみると、とろける食感の意味がよくわかります。口に入れた瞬間溶けていく。でも、上の焦げ目がついているほうは、とろける中での若干固めと少しだけバリエーションが感じられる気がします。

レモンではなく柑橘を使っているその違いも、はっきりとわかります。酸味はクリームチーズ自体からも感じられるので、レモンの酸味よりも柑橘の苦みや奥深さも含まれたような印象、そして後味スッキリでどんどん食べ進めてしまう、そんな魅力を感じました。

今回ご紹介した濃厚生チーズケーキ、パッケージには「とけとろ」と表現されていますが、まさにそのとおりの印象でした。ネットニュースでは、すでに3日間で約50万個(速報値)を販売しており、広報担当の方が「想定を上回る反応に驚いている」と書かれています。今、話題のとけとろ食感なチーズケーキを味わいたい方は、ぜひ、お近くのローソンまで足をお運びください。

◆記事を書いたのは・・・たろこ
美味しいものを食べているときは至福の時。整理収納アドバイザーが本業ですが、サンキュ!STYLEでは主にローソンスイーツについて感想を書いています。濃厚生チーズケーキもとても美味しいのですが、その裏でバスチーが販売終了していることに実はショックを隠せません。バスチーも大好きな、6歳離れた歳の差ボーイズのママです。

計算中