【無印良品】超便利!耐食・耐熱性に優れた高級素材のワイヤークリップ

2020/08/27
  • メディカルハーブコーディネーター&スポーツフードアドバイザー。小5野球少年と小2野球少女の母。もっと見る>>

こんにちは。メディカルハーブコーディネーター&スポーツフードアドバイザーのあおきゆみこです。
私は無印良品好きで、無印良品の食料品に関してサンキュ!STYLEや雑誌サンキュ!の特集でご紹介したことがありますが、キッチン用品や衣類、文房具なども愛用しているものがあります。
今回は、購入してみたら思った以上に使い勝手がよく、我が家で大活躍してくれている「ひっかけるワイヤークリップ」をご紹介します。

耐食・耐熱性に優れた高級ステンレス製のワイヤークリップ

無印良品の「ひっかけるワイヤークリップ」は、写真のようにフック付きクリップが4個入って390円(税込み)で販売されています。同梱されている取扱説明書に、使用上の注意や耐荷重(0.5kg)などが記載されています。
さらっと読み流してしまいがちですが、取扱説明書や無印良品ホームページの商品紹介にも記載されているこの商品の魅力の一つが「18-8ステンレス使用」です。
ステンレスは、構成物質によって価格や特性などが異なります。18-8ステンレス(SUS304 )というのは、鉄+クロム18%+ニッケル8%で構成されたステンレスです。一般的な水まわり製品は、比較的安価な鉄+クロム18%で構成された18-0ステンレス(SUS430)が使われることが多く、18-8ステンレスはニッケルが含まれるため高価になりますが、18-0ステンレスよりも耐食・耐熱性が優れているので、この商品のアピールポイントなのだと思います。
そして、シンプルでどんな場所にもしっくりとくる無印良品らしいデザインも魅力的です。

収納や物干しといろいろ使えて超便利!

では、この「ひっかけるワイヤークリップ」をどのように使っているかをご紹介します。
我が家では洗濯機の上につっぱり棚があり、ここに洗濯用品をいくつか置いています。このポールにワイヤークリップをひっかけて、野球のユニフォームを洗う時に使う手袋と洗濯用ブラシをはさんでいます。

洗濯関連でもう1つ。このワイヤークリップは帽子の洗濯&収納にとても便利なのです。洗った帽子を写真のように干して、乾いたらそのままクローゼットに設置しているつっぱり棒にひっかけるだけ。以前は帽子をS字フックにひっかけており、帽子を取る時に隣の帽子を落とすこともありちょっと不便だったのですが、ワイヤークリップにしてから問題が解消されました。

キッチンでも食器洗い用手袋をかけておくのに使っていますが、それとは別の使い方をご紹介します。
私はペットボトルを再利用することが多いので、ペットボトルを洗って乾かす時にこのワイヤークリップが役立ちます。この時は通常と逆の使い方になります。写真のように、水切りカゴにクリップをはさんで固定し、通常は棒にひっかける側にペットボトルの口をひっかけておきます。ペットボトルは水切りカゴに逆さまにして立てておくのが難しいので、これがあるととても便利です。
ジッパー付き保存袋を洗って再利用するために干す時などにもワイヤークリップが使えるので、水切りカゴに数個ひっかけています。

素材にこだわり、長く使える商品の多い無印良品ならではのワイヤークリップ。収納や物干しなどいろいろと使え、耐食性に優れているので、水回りや屋外での使用にもおすすめの商品です。

記事を書いたのは…あおきゆみこ
メディカルハーブコーディネーター&スポーツフードアドバイザー。育ち盛りの小5野球少年と小2野球少女の母

計算中