取り出しやすいだけでなく、補充も簡単にするセリアの〇〇を使ったゴミ袋収納!

2020/03/17
  • 8歳双子と2歳長男の3人の子どもを持つワーママで、整理収納アドバイザーです。もっと見る>>

こんにちは。整理収納アドバイザー兼子3人週5勤務のkaehalonです。

今回の汚部屋レスキュー!は写真NO15の掃除用具置き。お悩みはゴミ袋がいつも取り出しにくいことだそうです。この扉タイプの奥行きが浅い棚って収納が意外に難しいんですよね。見栄えを考えるなら、セリアのキッチン消耗品収納ケースにゴミ袋を入れるというのが一番すっきりすると思います。ですが、ケースに入れるというのは補充する手間もあるということに。今回は別のセリア品を使って取り出すのも補充も楽ちんな収納をアドバイスしたいと思います。

写真を見てみると

写真を見ての印象は、あまりモノ(掃除用品)が入っていないな!です。全ての段にモノを入れている割に入っているものが少ないので、一度全てを取り出して、種類ごとでまとめて収納することをおススメします。収納は自分の胸元~頭くらいの高さが一番使いやすいので、その高さにモノを収めてしまいましょう。おそらく棚2段で全てが収まると思います。

ゴミ袋収納に使える便利な収納用品は?!

扉タイプの収納場所にゴミ袋を収納する場合、一番手間がかからない楽ちんな方法は吊り下げ収納になります。そこでおススメしたいのは、セリアのタオルバー!シンプルですっきりしていて、そのステンレスの形状ゆえにゴミ袋を押さえる役目も果たしてくれます。

ただし、通常扉にはこういった吸盤タイプのものはすぐに落ちてきてしまうので設置することができません。そんな時にお役立ちなのがこちらも同様に100円ショップで購入できる特殊粘着シート!洗えば粘着力がよみがえり繰り返し使える便利品です。

BEFORE/AFTER

こちら我が家にある同様の奥行きの浅い扉タイプの収納棚です。

こちらの扉に特殊粘着シートを貼ってからタオルバーを設置しました!

そしてここに25Lのゴミ袋を設置してみました。一晩おいても落ちてくるようなことはなかったので使用に問題ないと思います。バーを追加すればゴミ袋の種類も増やすことができ、綺麗に収まっているので扉の開閉にも問題ありません。

今回使った特殊粘着シートを使うと通常吸盤フックが使えない場所にフックが設置できるようになるので、収納の幅が非常に広がります。

扉の中ならではの出しっぱなし収納。取り出すのも、補充するのも簡単で残量もわかりやすいので、楽ちんが一番と思っている方におススメの収納方法です。参考にしてみて下さいね。

🔸この記事を書いたのは・・・kaehalon
整理収納アドバイザー兼サンキュ!STYLEライターで小学2年生の双子の女の子、2歳の男の子の3人の子どもをもつワーママです。

計算中