【2021年こそお金を貯める】やめたら衝動買いが減った5つのこと

2021/01/03
  • 家事は適度に簡単に!ズボラでもスッキリ暮らすコツや簡単にできる掃除方法について発信していきます。 もっと見る>>

貯金大好き節約主婦のサンキュ!STYLEライターちぃこです。今ではブログやインスタグラムで暮らしや家計に関する発信をしている私ですが、3年前までは浪費家で衝動買いしまくり。クローゼットは常に服で溢れかえっていました。

そんな私が衝動買いが減り、お金が貯まるようになったのは行動を削ったからでした。新年を迎え、気持ち新たな今こそ行動を変えるチャンス!参考にしてもらえたら嬉しいです。

①予定外の買い物をやめた

スーパーでの買い出しではお買い物メモを作ってから買い出しへ行くようになったら、無駄な食材や調味料を買わなくなりました。今週必要な物だけを買うように意識しています。何を買えば良いのか分からないという方は、献立をざっくり作ると必要なものが見えてくるのでオススメです。

お店で見かけた服や化粧品、文房具が欲しくなってもすぐ買わず、家に帰って欲しいものリストに欲しい理由と値段を書いて「本当に欲しいのか?」と考えるようにしました。

このように自分だけの買い物リストを作るだけでも衝動買いを減らせるきっかけになるので、今年使う手帳やお気に入りのノートにリストアップしてみましょう!

②SALEに飛びつくのをやめた

買い物をする前に、欲しいと思った理由を少しだけ考えてみて下さい。一番に頭に浮かんだ理由が【値段が安いから】だったら買わない方が良いです。値段が高くても長く使えば元は取れます。私の経験では値段が安いから買ったものはすぐに飽きてしまうものばかりでした。

例外としては欲しい物リストに書いていたものが安く手に入りそうだったら、セールのタイミングで買うこともあります。私が愛用している革のシステム手帳は楽天スーパーセールの時に買えたので欲しいものがお得に手に入りました!

革製品は長く使うほど味が出るので、値段が高くても長い目で見れば決して高い買い物ではありません。セールは上手く活用しましょうね!

③夜のネットショッピングをやめた

夜の時間帯は一日の家事や仕事を終えて開放感たっぷりの時間帯です。そのため、気が大きくなりやすく余計な買い物をしてしまいがちです。【夜は魔の時間帯】と心得てネットショッピングはしません。ネットでの買い物は夕方までに済ませるようにしています。

④カフェ通いをやめた

読書や勉強はカフェの方が集中できると思って平日は一人でカフェに行ったり、週末は夫とカフェで毎週のようにお茶をしていました。

それはそれで楽しかったのですが、物を手放して部屋がスッキリしてからは自宅の方が集中できる事に気がつきました。趣味の手帳も自宅なら人目を気にせず、机いっぱいに広げて思いっきり書けます。コーヒーミルやハンドドリップ用のフィルターを購入し、豆を挽いてコーヒーを淹れるようになってからは週末のカフェ通いも自然とやめられました。

⑤無駄遣いした自分を責めない

無駄遣いをしてしまうと罪悪感でいっぱいになりますよね。私もずっとそうでした。預金残高が一向に増えないのを見てイライラしたり、自己嫌悪になったり…。

しかし、人間というのはラクをする生き物なのだという事を本で読んでからは自分を責める事をやめました。大切なのは分析!と考え直し、どうして衝動買いしてしまったのか?を考えるようになりました。

当時の体調面、メンタル面を過剰書きにしてみると「寝不足だった」「イライラしていた」「疲れていた」が共通していたので、夜更かしをやめたり家事をしない日を作ってみたり、生活習慣や行動を見直すきっかけにもなりました。

ちょっとした行動をやめてみよう

5つのやめた事をご紹介しましたが、全てを一気にやめるのは難しいと思います。私も一つ一つの事を1年以上かけてやめていきました。貯金も習慣も長い目で取り組めば少しずつ成果が出てきます。最初は上手くいかなくても大丈夫!気楽に、ゆるく変えていきましょう。

▶この記事を書いたのは…ちぃこ
やりくり費5万円で暮らす節約主婦。楽しい貯金生活を目指しています。

計算中