もうやめられない!花のある暮らしが当たり前になって感じる4つのメリット

2021/06/01
  • ママと家族の笑顔が増える暮らしを提案する整理収納アドバイザー。6歳と4歳の2歳差兄弟のママ。もっと見る>>

こんにちは!6歳と4歳の2歳差兄弟のママで整理収納アドバイザー、サンキュ!STYLEライターのKumiです。家の中にお花を飾りたいと思っているけれど、「片づけてから」「もう少し落ち着いてから」と考えてしまって気付いたら飾りたいと思っていたことさえ忘れてしまったりしていませんか?産後花を飾る余裕もなかった私が花のある暮らしが当たり前になって実感してるメリットを4つご紹介します。

1.癒されて自然とごきげんになる

お花って見ているだけで癒し効果がありますよね。
部屋の中がパッと明るくなりますし、家事や育児をしている時も綺麗なお花が目に入るだけで癒されています。見た目だけでなく、お花の良い香りが部屋に広がるのも癒されるポイントの1つですね。我が家は、キッチンカウンターと玄関にはいつも花を飾るようにしているのですが、玄関開けてすぐに美しい花が迎えてくれると、それだけでワクワク嬉しい気持ちになるんです。

2.季節を楽しむことができる

家の中で季節を楽しめるのも花のある暮らしのメリットですね。春には、桃や桜の枝ものも5月くらいからはドウダンツツジなど、その季節毎の花を家の中に飾るだけで外に行かなくてもおうちの中で季節を楽しむことができます。我が家は、枝ものをキッチンカウンターに飾るのが定番になっています。

3.周りを片付けたくなる

お花を飾るとその周りが片付いていくんです。美しいものの周りが散らかっていたりごちゃごちゃしていたらせっかくの景観が損なわれてしまいます。美しいものをしっかり楽しめるように自然と周りを片付けたくなるんです。「お花を飾りたいけど、片付いてから」と先延ばしにしている方がいらっしゃいましたら、先にお花を飾ってみられるのもおすすめです。

4.家族とのコミュニケーションも増える

花を飾ることで、家族とのコミュニケーションも増えました!
飾っている花をみた子どもたちから「これは何ていう花?」などと質問をされたり、良い香りがすると「これは何のにおい?」って聞いてくれたり、家族のコミュニケーションが増えたのは大変嬉しいポイント。花について子どもたちと話すことで、子どもたちも季節の花を知ることができて植物に興味を持って観察したりと学びにも繋がっていくのも嬉しいですね。

ずっと取り入れていきたい花のある暮らし

憧れていた花のある暮らしが当たり前になって実感したメリットを4つご紹介しました。
私と家族の癒しスポットになっているので、これからも引き続き取り入れていきたいと思っています。「いつか」「落ち着いたら」「片付いたら」は手放して、ぜひここ!という場所にまずは1ヶ所からお気に入りのお花を家の中に飾ってみてはいかがでしょうか。

◆この記事を書いたのは・・・Kumi
ママ整理収納アドバイザー。子育てママがイライラを手放して時間と心の余裕を作り、自分らしく笑顔で楽しむ暮らしを提案しています。

計算中