【自己紹介】ママ野菜ソムリエプロの小島香住です

2020/08/17
  • 野菜・果物をおいしく食べてキレイに健康に!野菜ソムリエプロと管理栄養士の資格をもつ2歳男の子のママ。 もっと見る>>

はじめまして。野菜ソムリエプロ&管理栄養士の小島香住です。
みなさん、野菜や果物はお好きですか??健康や美容のために積極的に食べている!という方も多いことでしょう。
サンキュ!STYLEを通じて、野菜・果物の魅力を分かりやすくお伝えしていきたいと思っています。そして、野菜・果物をもっと好きになってくれるとうれしいです。

野菜ソムリエ“プロ”という資格

「野菜ソムリエ」という資格は耳にされる方も多くなってきていることと思います。野菜ソムリエは3つに分かれていて、チーフの色で区別されています。

・赤:野菜ソムリエ(58,699人)
・緑:野菜ソムリエプロ(3,049 人)
・紫:野菜ソムリエ上級プロ(145人)
※2020年7月現在


それぞれの役割と存在意義は次のように位置付けられています。
【野菜ソムリエ】毎日の食生活に欠かせない 野菜・果物の知識を身につけ、家族、自分、仕事に変化をもたらす。
【野菜ソムリエプロ】野菜・果物の専門的な知識を身につけ、“職業=野菜ソムリエ”として社会にその価値や魅力を伝えるスペシャリスト。
【野菜ソムリエ上級プロ】起業や開業するなど、活動のビジョンをもち 自分の未来を切り開く。

サンキュ!STYLEライターの中にも野菜ソムリエの資格をお持ちの方は何名かいらっしゃいます。みなさん、それぞれの野菜・果物の楽しみ方を発信されていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

大切にしていること

野菜ソムリエプロは、野菜・果物の価値や魅力を伝える”スペシャリスト”。
ただ説明するだけでなく、そこには「おいしい」「たのしい」体験があって、「きれいに」「健康に」なる結果があることで、その価値や魅力が本当に伝わるものだと考えています。

決して無理をすることなく、普段の生活の中に自然に取り入れることができる“ベジフルライフ”をお届けすることを大切にしています。

今のわたしができるまで

大学では栄養学を専攻し、管理栄養士の資格を取得。その後大手食品メーカーへ就職。営業・商品企画開発・メニュー開発などを経験する中で、「モノの魅力をいかに伝えるか」という考え方の大切さ・むずかしさを学んできました。

働きながら通学した野菜ソムリエプロ養成講座は、講義も専門的なものばかり。課題も多く、筆記試験に加えて面接もあり、とても大変なものでした。

そのような中でも、学びを通じてその活動の幅広さと、子供の頃から好きだった“野菜”を極めたいという想いから、約11年勤務した食品メーカーを退職することを決意。野菜ソムリエとしての道を歩み始めました。

最近のわたし

2019年9月に男児を出産。最近はつたい歩きと高速ハイハイを駆使して、部屋中どこでも動き回るわんぱく坊や。後追いにヘトヘトになる日々を送っています。

野菜ソムリエ&管理栄養士ママがつくる離乳食は野菜たっぷり、栄養バランスばっちりで「野菜だーいすき」「食べるのだーいすき」な子にすくすくと成長してくれています。離乳食では取り除いてしまう野菜の皮などを活用した、おかずレシピの研究が最近のマイブームです。

おわりに

サンキュ!STYLEでは、季節やトレンドに合わせたかんたんレシピや、保存テク&目利きなどをご紹介していきます。おいしく食べて美しく健康になれる秘訣をぜひ知ってもらえたらと思います。
また、離乳食の作り方や食べさせ方などママ野菜ソムリエの実際の食育情報を、リアルな悩みなども盛り込みながらご紹介できればと思っています。子育てママたちのお悩み解決のヒントになればうれしいです。

どうぞよろしくお願いします。

◇記事を書いたのは・・・小島香住(こじまかすみ)
野菜ソムリエプロ&管理栄養士。0歳11ヵ月児の子育てをしながら、野菜・果物を“おいしく食べて” “キレイに健康”になるレシピや保存のコツを紹介しています。

計算中