【平屋が今人気!】平屋の魅力と暮らしの工夫

2020/10/26
  • 整理収納アドバイザー。8歳と5歳の2児の母。無理なく続けられるゆるくてラクな収納をお届けします。もっと見る>>

整理収納アドバイザーでサンキュ!STYLEライターの東好美です。小さな平屋に家族4人(夫・小2息子・年中娘)とわんこで暮らしています。

わが家は81平米(24.5坪)の平屋住まい。実際に平屋に住んでみて分かる魅力や、コンパクトな家でもご機嫌に暮らすための工夫についてまとめてみました。

平屋暮らしの魅力は?

平屋暮らしの最大のメリットは家事ラクに直結していること! 階段の上り下りをせずに掃除機がけが出来たり、洗濯が完結するのは本当にラク。ゴミ出しの日に各部屋からゴミを集めるのも手早く済ませられます。家事は毎日のことだから、負担はなるべく少ない方がいいですよね。

ほかに、家族をいつも身近に感じることができるのも魅力のひとつ。これはデメリットでもあるので、ひとりでゆっくりできるスペースや空間があると家族みんなが安心できます。

小さな平屋でもご機嫌に暮らす工夫

リビング横にある収納スペースには本当に使うモノしか収納していません。

日常の生活スペースを最大限に有効活用するために、あえて大容量の収納や納戸をつくらなかったわが家。収納スペースに入る量しか買わない・持たないと常に意識するようにしています。キャンプ用品や来客用の布団など滅多に使わず、かさばるモノは必要な時にレンタルすればいいと割り切ることにしました。レンタルを利用すれば、収納場所だけでなくメンテナンスも不要なので場所と手間を買っていると思えば、かえってお得なことも。

ミニマムリビングを最大限に活用する工夫

小さな平屋のわが家はリビングもコンパクト。そこで、大開口の窓や高い天井をつくることで、開放的に感じられる空間にしました。
また、リビングの家具はダイニングのテーブルとチェアのみ。あえてソファを置かないことで、思い立った時に何でも出来る、広々としたリビングスペースとして活用しています。

今あるモノに目を向けるとうまくいく。

小さな平屋に住む上で欠かせないのは選択力です。小さな家に大きな家と同じ量のモノを詰め込むことは難しいですよね。足りない・出来ないことを嘆くよりも、今必要なモノを選び取ることが大切です。平屋暮らしの方も、大きな家、小さな家にお住まいの方も、今あるモノに目を向けて、わが家のここが好き! を増やしてみませんか。

この記事を書いたのは・・・東好美
小さな平屋暮らしの整理収納アドバイザー。おうちが小さくても、子どもがいても出来る! ゆるくてラクな収納や、暮らしを楽しむアイデアについてお届けしています。

計算中