【疲れてる人必見】だるいと感じたら○○を伸ばして気分もリフレッシュ

2020/12/25
  • ヨガセラピスト&うちのシェフごはん管理人。ヨガでシェイプアップ方法をお伝え。料理レシピを公開中。もっと見る>>

ヨガ指導歴10年以上。簡単で気軽にできるをモットーに、美容と健康に役立つヨガをお伝えするサンキュ!STYLEライターのぞみです。

ディスクワークが続き座りっぱなしでいると、疲れやだるさを感じてきますよね。
集中力もなくなり作業がなかなか進まない、、、

そんなときは、気分を変えて簡単にできるヨガのポーズをやってみませんか。

足の付け根とお腹の内側が固くなると、、、

座ったまま作業を続けていると、どうしても足の付け根(鼠蹊部)が圧迫されてしまいます。また、座りっぱなしの状態は

*お腹の内側にある筋肉(大腰筋)
*骨盤の内側にある筋肉(腸骨筋)

これらの筋肉が固くなり足の付け根を圧迫させる原因となります。

足の付け根は血流やリンパが集中している部分です。圧迫され続けると流れが悪なり、疲れやだるさを引き起こす原因になるのです。

三日月のポーズをやってみよう

今回は、お腹と足の付け根が気持ちよく伸ばせるヨガのポーズ「三日月のポーズ」をご紹介します。
無理せずに行えば、簡単にできるポーズなのでお試しくださいね。

さっそくチャレンジ

(1) 正座で座ります。

(2) 膝立ちになりましょう。

(3) 右足を1歩前に置きます。足を置く位置は、右の踵が膝よりも前にくる位置に起きます。

(4)右手で右足の付け根をさわります。左手でみぞおち(おへそから指4本分上にあげた場所)をさわります。

<ポイント>
*この2ヶ所を触っておくと余計な力が抜けてポーズがとりやすくなります。

膝を曲げてゆっくり呼吸

(5) 両手を右膝の上に添えましょう。

(6) 右膝が踵の上にくるまで踏み込みます。

(6) 左足の付け根とお腹が気持ちよく伸びているところでキープしましょう。
呼吸をゆっくり5回繰り返します。

(7) 反対側も同じようにやってみましょう。

注意点

*曲げた膝が踵より前に出ないようします。踵の上に膝がくる位置を目安にしましょう。
*首と肩の力は抜き、腰を反らしすぎないようにします。
*腰に痛みがある場合は行わないようにしましょう。

ポーズの後はリラックス

ポーズを行なった後は、お尻を踵に下ろしおでこを床にあずけた「子供のポーズ」でお休みします。
背中や腰を伸ばすように行なってみましょう。

最後に

足の付け根とお腹を伸ばす「三日月のポーズ」をご紹介しました。
普段あまり伸ばすことがない足の付け根とお腹を伸ばして疲労回復にお役立てくださいね。

◆この記事を書いたのは・・・
サンキュ!STYLEライターのぞみ。
体調を崩したことをきっかけにヨガをはじめ不調を改善。ヨガ指導歴12年。女性のための健康と美容に役立つヨガを発信し、2016年より指導者育成にも関わっている。

計算中