物が無い事が快適!冷蔵庫で収納グッズを持ちすぎないメリット3選

2021/04/12
  • 1LDK賃貸で上質な干物暮らしを目指す、40代主婦。在宅ワークや整理収納アドバイザーとしてゆるっと活動しています。もっと見る>>

40代で妊娠、出産。1LDK賃貸に夫と息子(0歳)の3人家族。
上質な干物暮らしを目指すサンキュ!STYLEライターのおかさんです。

我が家の冷蔵庫は食材と同じように収納グッズも持ちすぎないようにしています。
初めは持つ事自体が面倒だったのが理由でしたが
それによって快適になった3つの事をご紹介したいと思います。

掃除しやすい

収納グッズ含め常に冷蔵庫内がいっぱいではないので汚れることも少ないです。
掃除も物がほとんどないので短時間で済みます。

作り置きなど自由にしまえる

いくら食材が少なくても収納グッズでギッシリだと見た目スッキリしません。
収納グッズを少なくすることで作り置きおかずのストックや
大きな鍋も自由にスペースを変えてしまうことができます。

ゴミ回収の空き瓶など置いておける

我が家の地域の瓶回収は月1回。
それまで空き瓶は冷蔵庫内にまとめて回収日に出しています。
暖かい季節に臭いの心配もないですし空き瓶用のゴミ箱をわざわざ用意することもなく経済的でした。

最後に

以上、冷蔵庫に収納グッズを持ちすぎないメリット3選でした。
冷蔵庫はキレイにしまうよりも食材がわかりやすく取り出しやすいのが理想です。
なんとなく冷蔵庫の中が窮屈になっているなと感じていたら食材の見直しと共に
収納グッズを厳選してみると意外と使いやすくなるかもしれません。

記事を書いたのは・・・おかさん
40代で妊娠、出産。1LDK賃貸に夫と息子(0歳)の3人家族。
1LDK賃貸で上質な【干物】暮らしを目指す主婦&整理収納アドバイザー&在宅ワーカー。

計算中