片づけのプロが伝えたい『手放してほしい思い込み5選!』

2021/04/25
  • 整理収納アドバイザー。2人の男の子ママ。面倒くさがり屋なので、シンプルな暮らしの工夫や時短などを追い求めています。もっと見る>>

こんにちは!2人の男の子ママで整理収納アドバイザーのサンキュ!STYLEライターmihorkknです。今回は片づけのプロが伝えたい『手放してほしい思い込み5選!』をご紹介します。

1.詰め込みすぎていてこれ以上物がしまえない

「このスペース、片づけたいな〜」とずっと思っているけど、行動できないまま…もう○年。あるあるではないでしょうか?

行動になかなか移せない理由の1つが、物を詰め込みすぎたスペースにこれ以上物はしまえない!と思い込んでいることです。片づけるというのは詰め込むことではなく、まずは整理することがとても大切なんです。整理とは、要る物と要らないものを仕分けること。そうなの?と思われた方は、まず整理をされてみてくださいね。

一人で作業する場合、全てを出してしまうのは大変です。今日はこの引き出し、次は帽子やバッグ、など少しずつされるのがオススメです。

2.お片づけを始めるために先に収納を買わなければいけない

これもあるあるではないでしょうか?物が入りきらないなら、片づける前に収納を買い足さなければいけない!という思い込みです。先ほどお伝えした『まずは整理をする!』整理から始めることで要る物だけに厳選され、余計な収納を買わなくてもよくなることがほとんどなんです。場所をとる大きな収納を買ったのに、入れる物がない。買わなければよかったとなるのは、不要な物を1つ増やすことになるので要注意です。

3.整理をしたつもり

これは何かと言うと、物を収納から出さずにながめただけという場合によくあります。例えばボックスにしまっていた物を整理する時、全て出さずに上からガサガサとかき分けてのぞいてチェック完了!整理したつもりになる思い込みです。これでは、きちんと判断できないことがあります。1度は物を全て出して整理してみましょう。物を出したついでに、ケースや棚も大掃除をかねてキレイに拭き掃除するとやる気もアップしますよ。せっかく物を全て出してケースもキレイにしたんだから、きちんと整理しよう!と腹をくくれるんです。
 
写真はお片づけサポートで掲載許可をいただいている写真です。一緒に作業するのでたくさん物を出していますが、1人でされる場合は、無理のない量でされてみてくださいね!

4.実はそんなに片づかないと決めつけている

こんなに物が多いんだから頑張って片づけたところで、少しすっきりするくらいだよね!?という思い込みです。物を出した状態にうんざりだけするのではなく、その先の理想の暮らしをイメージしながらお片づけしてみてくださいね!少しでもやる気がアップするはずです。

5.キレイに物がおさまるだけ

おさまりきらなかった物たちが、キレイにおさまればお片づけは終わり!という思い込みです。せっかく整理したタイミング、よく使う物を1番取り出しやすい場所にしまってみましょう。使い勝手が良くなり暮らしが楽になりますよ。ぜひお試しください!

物を全て出すようなお片づけは、何回もする必要はありません。持っている物を見直したい時期がくれば同じ要領で整理をしますが、2回目は物も減っているので作業も楽になるはずです。


いかがでしたでしょうか?お片づけに悩まれている方の暮らしが楽になるヒントになれば嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございました。


ブログやInstagramも のぞいていただけたら嬉しいです!


◆記事を書いたのは・・・ mihorkkn
整理収納アドバイザー。暮らしをもっと楽に、ストレスフリーな暮らしをご提案しています。


計算中