気分が低下気味の時は〇〇を摂ろう!

2021/02/19
  • ~食卓から愛を~季節の食材で明るくなる食卓作りを研究中。13歳と8歳の娘を持つアロマセラピスト。もっと見る>>

皆さん、こんにちは。元エステティシャンのサンキュ!STYLEライターここぽちです。
免疫力を高め、体を若々しく、健康的に保つのにとても注目されている栄養素、皆さん積極的に摂られていますでしょうか?
それは『酵素』です。一時期ブームになり、話題になった栄養素、今日はそれについて記事にしたいと思います。

酵素とは

酵素とは一体何でしょうか?
酵素が不足すると‥
免疫力低下、便秘、代謝が悪くなる、太りやすくなる、気分低下など、体と心にとって良くない影響がたくさん出てきます。
酵素には代謝酵素と消化酵素のニ種類があります。それぞれの働きを下記にまとめてみました。

●代謝酵素 細胞を修復 皮膚のターンオーバー 髪の毛や爪を伸ばすなど、人間の生命活動に必要になる酵素。

●消化酵素 体内に入った食べ物を消化する酵素。
(ペプシンやアミラーゼ、リパーゼなど、体の消化器官から出されるものも消化酵素です。)

酵素の量は、一生のうちに作られる量が決まっていると言われています。胎児の時にお母さんがどれだけ酵素を摂ったかによって、生まれ持つ酵素の量がきまってくるとも言われています。
加齢と共に体内で作られる酵素の量は減少するので、酵素を補うことが重要になってくるのです。


酵素を摂るには

では、酵素とはどんな食べ物からとれるのでしょうか?
『生の野菜やフルーツです。』
ここでご注意頂きたいのは、生ということで、加熱してしまうと酵素が破壊されてしまうので、気をつけてくださいね。

生の野菜、果物には酵素、抗酸化物質のファイトケミカル、ビタミン、ミネラル、体にいい油のオメガ系3脂肪酸、糖などさまざまな栄養素がふんだんに含まれています。

野菜や果物はすりおろすことで、食物の細胞が破れ、中に閉じ込められていた酵素が大量に出てきます。そのため、そのまま食べるより酵素の量は2〜3倍に増えます。大根おろしなども積極的に食べると良いです。

酵素をとることで、身体の循環、代謝、細胞修復などが活性化し、腸免疫力も上がり、痩せやすい身体になっていきます。
そして、腸内環境が整うので、気分が安定してきます。腸は第二の脳と言われているくらい気分が左右される臓器で、体の免疫力の7割を担っていると言われています。

余談ですが、ファスティング(断食)を行う時も、酵素ファスティングと言って、酵素と水だけを摂る方法で行うと、普段消化に使う酵素を全て代謝に回せるので、腸を休め腸内環境を良くするだけでなく、肌や体の細胞に至るまで活性化し若々しくなります。

最後に

なんとなく気分がすぐれない時などは、酵素の量が足りていないことが影響していることも。酵素を摂って、気分も代謝も上げ、心と身体をすっきりさせていけたらいいですね。

参考文献
『酵素』がつくる腸免疫力 大和書房

▶︎この記事を書いたのは‥元エステティシャン、アロマセラピストのサンキュ!STYLEライターここぽち。健康的な食生活を心がけています。

計算中

関連するキーワード