わたしに似合う、心地よい服で毎日を〜服選びに悩まない3つのコツ〜

2021/10/21
  • 「衣・食・住をシンプルに整えて、心が豊かになる暮らし」を実践中。4歳男の子のミニマリストママです。 もっと見る>>

「モノをへらして心が豊かになる暮らしを目指す」サンキュ!STYLEライターのいえはです。

服はクローゼットの中にたくさんあるのに、着る服がない!そんなお悩みはありませんか?

服選びに悩まず、自分に似合う、心地よい服で毎日を過ごせたらいいですよね。

今回は、着る服がない!がなくなる服選びのコツを3つご紹介します。

1.形は定番を決める

自分にしっくりくる好きな形はありませんか?
スカートだったら、ストレートなタイトスカートかふんわりしたフレアスカートか。
丈はロングかヒザ下かなど。

わたしの場合は、スカートはヒザ下のタイトスカートと決めています。
ふんわりしたスカートは似合わず、着てもそわそわして落ち着かないのです。

雑誌を見ると、モデルさんの着こなしがステキで着てみたいなと思いますが、自分に置き換えて考えるようにしています。
冒険するのはやめて、いつも同じ形です。

着ると落ち着く”定番の形”を見つけると、服選びの幅がグッと狭まり、選びやすくなりますよ。

2.色は好きな色を選ぶ

形同様、色も身につけると落ち着く色はありませんか?

わたしはホワイトとベージュが好きで、年中ホワイトとベージュを着ています。
好きな色を身につけると心地よいです。

また、好きな色=似合う色の場合も多いです。

パーソナルカラー診断では肌の色から似合う色を知ることができますが、診断すると好きな色と一緒だった!なんてことも。

自分の”好きな色”を選ぶと、自然と似合う色が選べます。

好きな色を身につけることは”わたしらしくいられる”ことにもつながると思います。

3.服はボトムスから買う

着る服がない!のいちばんの原因は、上下の組み合わせが合わないことではないでしょうか?
トップスとボトムスのバランスが悪い、色が合わない、など組み合わせの問題が多いように思います。

そこで、服を買う際はボトムスを決めてから、ボトムスに合うトップスを買うようにしています。

単品で買うより、組み合わせを考えて買ったほうがコーディネートに悩みません。

”わたしに似合う”を見つける

服選びに悩まないコツは
・形は定番を決める
・色は好きな色を選ぶ
・服はボトムスから買う
の3つです。

”わたしに似合う、心地よい服で毎日を過ごすことができる”
そんなワードローブを整えるヒントになればうれしいです。

記事を書いたのは・・・いえは
”モノを手放して余白をつくり、その中にほんの少しの大切なものだけをもつ”ミニマルライフを提案するミニマリスト主婦です。

計算中