【服好き収納のプロが伝授】“もうコワくない!“楽しみながら服を減らす3つのコツ

2024/03/28
  • 自分で管理できる”身の丈暮らし”を提唱する整理収納コンサルタント。元大手玩具メーカー社員。田舎移住を決意し、暮らしにまつわる記事を発信中。 もっと見る>>

好きなモノに囲まれた「身の丈暮らし」を提唱する整理収納コンサルタント、ティールです。

自称「モノ多めな収納のプロ」である私ですが、特に増えがちなのが服! 元はビビッときたアイテム全てをお迎えするような性格で、気付けばクローゼットは常にパンパンな状態。そんな私ですが、田舎移住を機に服の量を1/5まで減らすことに成功!

ということで今回は、“服好きな収納のプロも成功した“楽しみながら服を減らすコツを3つ紹介します!

目指すは少数先鋭のクローゼット!ハンガーの数を絞る

服は全てかける収納のわが家。たたんで収納するような引き出しが一切ないので、服の収納には必ず「ハンガー」が必要です。

わが家ではこのハンガーの数を思い切って絞ることで、半強制的に服を減らす、そして増やせない仕組みを作りました。

少々荒療治ではありますが、服を減らしていく中で、この方法が私には1番効果がありました。もし服が増えれば、そのたびにハンガーを買い足す必要があるので、服選びは毎回慎重に!

「1in1out(一着買ったら一着手放す)」を徹底し、一度減らしてからはリバウンドなく過ごせています。

以前は、まるで古着屋さんのように大量の服がぎゅうぎゅうに詰まっていたクローゼットですが、今では風通しも良く、一着一着が生き生きとして見えます。

いつも同じ服とは言わせない!小物で遊ぶ

服の数はMAX時から1/5まで減らせた私ですが、その一方で増えたモノも!

それは、「付け襟」や「靴下」などのファッション小物です。シンプルなTシャツやワンピースにその日の気分に合わせて「付け襟」や「靴下」を選ぶようにしています。

服の数を減らすことで1番恐れていたのは、コーデがマンネリ化すること!「いつも同じ服だと思われないかな」と周りの目を気にしていましたが、お気に入りのアイテムだけ残し、日々小物で遊ぶことで、その心配は見事解消されました。

トレンドに左右されない!自分の好きを貫く

トレンドアイテム買ったのに、結局いつも同じ服を着てしまうといった経験はありませんか? または、クローゼットに同じ形、同じ色味の服が何着もある場合はありませんか?

一見マイナスなことのように感じますが、逆を言えば、その色や形の服がよほど自分好みということ!

実際私もクローゼットの中身を全出しして気が付いたのは「圧倒的にワンピースが多い」ということ。そして、「手に取る色に偏りがある」こと。

例えば、形が気に入って色違いで買ったワンピースがあったとします。しかし、毎回手に取るのはいつも同じ色。そのことに気がついてからは、形が気に入ったからといって、「ベーシックカラー」と「トレンドカラー」の2色買いはしなくなりました。

自分の好きな色、自分の好きな形を知ることで、トレンドに左右されて「出番のない服」が増えるのを防止することができています。


◆この記事を書いたのは・・・ティール
好きなモノに囲まれた「身の丈暮らし」を提唱する、整理収納コンサルタント。福岡県在住、小2&年少姉妹の母。
関西弁アメリカ人ハーフの陽気な夫(ダディ)&コールダックも加えた賑やかメンバーで田舎暮らしを満喫中!

計算中

関連するキーワード