アンカーの木製の背景に青色。

いつもの遊びで◎「アンカリング」を子育てに活かす

2022/02/24
  • 子育て・心理分野を得意とするWEBライター。チャイルドコーチングアドバイザー。ストーリーライター。 もっと見る>>

チャイルドコーチングアドバイザーで、サンキュ!STYLEライターの山名美穂です。

特定の動作と感情を結びつける「アンカリング」、子育てにも使えます。「アンカリングってなに?」という方も大丈夫。ふだん行っていることを応用すればOKです!

特定の行動と感情を結びつける「アンカリング」

「アンカリング」とは、特定の行動と感情を結びつけること。船の錨(いかり)を意味する「アンカー」からきていることばです。

ある音楽を聴くと過去の記憶が鮮明によみがえって、当時の感情が湧き上がる。そんな経験はありませんか。

わたしはB’zの「Ultra Soul」を耳にすると、ほのぼのとした気持になります。

これ、子どもが園児だったときに、運動会で流れていた曲なんです。幼い子ども達が一生懸命に玉を投げている姿を「かわいいな」と感じた気持ちを、この曲が呼び起こします。

「Ultra Soul」と「ほのぼの」が、アンカリングされているのです。また「この曲は、ほのぼのという気持ちの『アンカー』である」という言い方もできます。

イチロー選手がバッターボックスで行うアンカリング

たくさんのスポーツ選手が自分を「いい状態」にするために、アンカリングを使っています。有名なのは、イチロー選手。

イチロー選手がバッターボックスで行う一連の動きは、「最高のパフォーマンスを発揮できたときの、こころの状態」とアンカリングされていると言われます。

決まった動作をすることでベストな状態を呼び起こし、ポジティブなマインドで打席に立っていたんですね。

日常生活にあるものをアンカリングとして使う

実は毎日の子育てシーンの中に、「アンカリング」として使えるものがたくさんあります。

例えば「アルプス一万尺」のような手遊び。子育ての中でお子さんと、あるいは子どもの頃に親や友だちとやったことがありますよね。

そのときの記憶を思い出すと、相手の笑顔や楽しい気持ちが浮かんできませんか。多くの方にとって、「手遊び」は「楽しい」「嬉しい」といった感情とアンカリングされていると言えるでしょう。

お母さんの顔を見て、一緒に歌いながら、手を合わせる「手遊び」。視覚・聴覚・触覚を使っています。楽しさを呼び起こす、最強のアンカリングになるはず!

「やりたくない」子どもを、アンカリングでポジティブマインドへ

子どもが勇気が出なかったり、不安だったりして行動を起こせないとき……。上の手遊びをアンカリングに使って、背中を押すことができます。

なかなか登園したがらないお子さんなら、家を出る前に手遊びをする。手遊びで「楽しい」気持ちを呼び起こしてから、出かけるようにします。

続けるうちに「手遊び=楽しい気持ち=登園」と、行動と感情が繋がっていきます。手遊びが、楽しく登園するための「儀式」となっていくわけです。

コツは毎日続けること。手遊びに時間がかかるようなら、手をパチンと合わせて「ラン♪」と言う、ハイタッチにするなどアレンジして◎

日常にある行動を、アンカリングとして育児に使おう

今回は手遊びという、「視覚・聴覚・体感覚(触覚+嗅覚+味覚)」の五感全てを使うアンカリングをご提案しました。

もちろん、トロフィーを見て勝利したときの気持ちを呼び起こす(視覚)、好きな音楽を聴いて気分を上げる(聴覚)など、五感のうちひとつだけを使ったアンカリングも◎です。

お子さんの明るい気持ちを呼び起こすアンカーをたくさん持っていただけると、嬉しいなと思います。

■この記事を書いたのは…山名美穂
チャイルドコーチングアドバイザー(R)、全米・日本NLP協会NLPプラクティショナー、LABプロファイル(R)プラクティショナー。ウェブライター、ストーリーライターとしても活動中。サンキュ!STYLEでは、子育てや人間関係を中心に、主婦の身近なトピックを扱って執筆しています。

計算中