年100万円貯金する人の共通点!○○に気を使うだけ!?

2020/01/09
  • 節約系整理収納アドバイザー。年収300万円台5人家族56m2賃貸暮らしから節約術や整理収納術をお届け もっと見る>>

こんにちは。
年収300万円台ボーナスなし、子供3人でも年間100万円貯金を目指すサンキュ!STYLEライターのNagomy(なごみー)です。

今でこそ年間100万円貯金を達成できるようになったものの、独身時代は消費者金融から約100万円の借金をこしらえていた元々超浪費家です。

一念発起して家計管理に目覚めた頃、雑誌やネットで「年100万円貯めた」とか「総貯蓄額は1000万円以上!」なんて記事を見ては、
「どうせ年収が高いからだろーっ!!」
「親から米とか野菜の援助受けてんだろーっ!!」
「家賃激安すぎだろーっ!!」
とまぁ、妬み嫉みの嵐・嵐・嵐!!!!!

ですが、それでも何かしらの秘密はあるだろうと思い、貯めてる方のブログやら書籍やらをとにかく読み漁って研究しては自分の血肉としてきた中で、みなさんにはある共通点があることに気が付きました。

それから私自身もその共通点を頼りに実践してみたところ、家計管理もうまく回りだしたのです。

今回は、そんな貯めてる人がしている共通点を織り交ぜながら、年100万円貯めれるようになった私の習慣をご紹介させて頂きます。

年100万円ためる人は健康に気を遣っていた

基本、早寝早起き

貯めている人に共通するのが、とにかく【早寝早起き】!!

朝活のために、毎朝4時に起きて自分時間を確保していたりなど、とにかく健康的な生活を送られている方ばかりでした。

実際、私も毎朝5:30に起床しています。
休日であっても同じ時間に起床することで、身体のリズムが整えられ、何より忙しい家事育児に追われている中で1人の時間を堪能できる早朝時間は最高です。

夜は遅くとも22時には就寝するように心がけています。

早寝早起きの良いところは、身体の調子が整うだけでなく、心も頭もすっきりリセットできること。

借金まみれだったころは、夜は日付をまたぐほどに夜更かししていたので、朝起きるのが辛く、体調も崩しやすかったです。
1か月のうちにノロウイルスとインフルエンザを交互に発症した経験もあり、「睡眠不足は免疫力も下げて身体に悪いんだな」、と痛感しました。

0円でできるおすすめ「蒸しタオル習慣」

私は冷え性と凝り性です。
冬場は寝る時も靴下が手放せませんし、油断するとあご・首・肩が凝り固まって頭痛までしてきてしまいます。

そんな私でも、ここ数年は整体通いをせずとも肩こりを解消できるようになりました。
方法は、
【濡らしたフェイスタオルをレンジでチンして蒸しタオルにし、首と肩を温める】こと。
じんわりと身体も温まり、血行もよくなったように感じます。
蒸しタオルがぬるくなってきたら、すぐに外してください。
逆に体温を持って行かれてしまうので、そのままずっと乗せっぱなしにはしないでくださいね。

私は毎朝この蒸しタオルで身体をポカポカにさせることで、すっきりとした1日を迎えられるようになりました。

健康が一番の節約

浪費家だった時は、健康とは程遠い生活を送っていました。
そのため、風邪もひきやすく、凝りからくる頭痛に悩み、整体通いも辞められませんでした。
身体の調子が悪いと思考力も低下します。
通院代もかかります。

貯めている人は、【健康が一番の節約】ということをしっかり心得ているからこそ、「早寝早起き」を徹底しているんだなぁと今身を持って感じています。

今年こそ貯めたい!という意気込みがある方は、まずは今の生活リズムを見直してみてくださいね。


◆この記事を書いたのは・・・Nagomy(なごみー)
年収300万円台ボーナスなし、こども3人で年100万円貯金を目指す節約系整理収納アドバイザー。
貯金につながる整理収納術を提案しています。

計算中