ズボラでも大丈夫!フルタイムワーママが洗面所のキレイをキープする小ワザとは?

2021/03/01
  • 節約料理研究家。子供3人フルタイム勤務。節約料理・やりくりでは多数の賞を受賞しています。 もっと見る>>

子ども3人5人家族・フルタイムワーキングマザーの【サンキュ!STYLEライター】中島 愛(なかしま いつみ)です。

家族が5人・小学生が3人いると朝の洗面所は戦争。
母の私はワーキングマザーでズボラ。

今回はそんな家でもなんとかこの状態をキープしている【小ワザ4つ】をご紹介します。

1.歯ブラシは出しっぱなし!

歯ブラシはこちらの飾り棚に出しっぱなしにしています。

以前住んでいた家は洗面所に備えつけの歯ブラシ収納がついていました。
そこに家族分収納していた所、湿気で収納棚にカビが生えた…という事件がおきてしまいました。

ズボラなのでカビを掃除するのが嫌。
出しっぱなしにしておく事で、カビ掃除をしなくてすむようになりました。

2.石鹸置きは無印で!

以前使っていたプラスチックの石鹸置き。
よく石鹸のヌルヌルが下の受け皿にたまっていました。

ズボラな私は毎日石鹸置きを掃除なんてできない…。

現在使用しているこちらの無印【白磁トレー・小】と【ステンレスソープディッシュ】のセットはそんな思いを解決してくれました!

時々食洗機にかけるだけで5年経ってもピカピカのツルツルをキープできています。
一緒にうがい用のコップも食洗機へ。
時短なのにキレイをキープできて嬉しいです。


3.使う人ごとにケース分け。

夫用、妻と娘用(共用しています)、家族全員用、とケース分けしています。

こちらは洗面所下の棚に収納。
収まりが良いケースを選ぶことで【倒れない・探さない・ドンと出して使い、戻すだけ】
を可能にし、忙しい朝の時間短縮にも繋がっています。

4.靴用ブラシを置いています。

100均の靴用ブラシを洗面ボウルの死角に常置しています。

このブラシはコンパクトで取っ手もついているので、短時間で手を汚さずにサッと掃除ができるスグレモノ。

寝る前の歯みがきの後などにサーッと洗面ボウルを水掃除し、使用済みのタオルで拭き取ってこちらはそのまま洗濯機へ。
2、3分のことですが、毎日はしなくても洗面ボウルのキレイをキープできています。

水滴や髪の毛、湿気や水あかにホコリ…。
洗面所はキレイの敵がわりと多い場所。

置く物は少なく、そしてあまり手を入れずにキレイが続いたら嬉しいですよね。

ズボラな洗面所のキレイキープ術。
良かったら参考にしてみて下さいね。


◆記事を書いたのは…中島 愛
フルタイムで働く3人の子供のママ。料理・時短家事・家計のやりくりで多数の賞を受賞。
『家族が癒される家作りを大切に』家族が幸せになる『節約しても豊かな暮らし』を実践しながらライフスタイル提案をしています。

Instagramでは、日々の節約献立を中心に、材料・価格も詳しく載せています!

計算中