過去の趣味が今のあなたの足かせとなっていませんか?

2020/06/26
  • 整理収納アドバイザー。7歳・13歳の歳の差ボーイズママ。食べることが好き、コンビニレビューも書きます。もっと見る>>

こんにちは、整理収納アドバイザーのたろこです。今回は、私がコロナ自粛中に行った過去の趣味の見直し、またそれにより得られた心境の変化についてお話したいと思います。

あなたの趣味は何ですか?何でしたか?

あなたの今の趣味はなんですか?
そして、過去の趣味はなんでしたか?

〇〇(過去の趣味、またはやりたくて買ったけどそのままになっているもの)をまだやっていないからこれには手を出してはいけないと

自分の心の中で無意識のうちにルールを作っていたりしませんか?

私はしていました

新しいことに手を出しづらい、だからといって〇〇をやるわけでもなく、なぜかゲームやネットで大半の時間を使ってしまい、ああ、また私の自由時間が終わってしまったとため息をつく日々の繰り返し

それを見るだけで、モヤっとしませんか?

そこに残っていて、目にするたびにモヤっとする過去にやっていた、やりたかったことは、新しいなにかを始める足かせにしかなっていなかったのです

それに気づいたとき
これじゃダメだなと思いました

過去の自分と向き合い、取捨選択をして自分をどんどんアップデートしていかないといけないなと強く感じたのです
それから、少しずつ自分の趣味を見直し、手放してきました

手放すことで、心に余白ができたと感じます

手放した趣味

◯昔に取得済、今は見返すことのない講座のテキスト(色彩能力検定、アロマテラピー)
◯イラスト教本2冊
◯数年前ののテレビ英会話の教本(1年分)
◯昔いくつか作ったきりの消しゴムハンコ
◯ビーズアクセサリー
◯羊毛フェルトキット
◯家でできる、オーブン陶芸キット

◯ズパゲッティは、悩んだのでいくつか作品を作ってみましたが、時間ばかりかかり自分にむいてないことがわかったので、スッキリと手放せました

悩むときには、やってみましょう。今やれないものは、たぶんこの先もやりません

過去の趣味を手放すことで得られた心境の変化

趣味をひとつ手放す度に、もうこれをやらなきゃと思わなくていいんだなと気持ちが軽くなるのを感じました

そして、心の負担が減ることで、前向きな気持ちが湧いてくるのを感じています

私は、これから整理収納の仕事を本格的に始めるために、更なる関連資格を取得しようと考えています。これが私が過去の趣味を手放すことによって得た新しい一歩です。

やりたかったことが重荷になっているのなら一度手放してみればいい。

あなたも趣味の見直しをしてみませんか?

◆記事を書いたのは・・・たろこ
整理収納アドバイザーであり、小6と年長、歳の差ボーイズのママ。ポイ活は楽天中心。通算で120万ポイント以上ゲットしているのが密かな自慢。観察眼には定評のある、自称サンキュ界隈のメンタリスト。

計算中