みそ汁のススメ!4つのアイテムで簡単に作ろう

2020/02/09
  • 食育指導士。スポーツ兄妹を食でサポートするママ。もっと見る>>

こんにちは。サンキュ!STYLEライターのohanaです。
暦の上では春でも、寒い日が続いていますね
そんな時はみそ汁で身体の中から温まりたくなります
食育指導士のohanaがおすすめする4つのアイテムで簡単に作りませんか?

アイテム1 根菜

根菜と言えば、ジャガイモ、サツマイモ、サトイモなどの芋類に、ゴボウ、ニンジン、レンコン、玉ネギ、大根、カボチャなどもありますね。
根菜をみそ汁に入れると根菜の持つうま味や甘みが汁に加わるのでより美味しさが増します!
ポイントは大きく切ること!
存在感を残すことで食べ応えもあるし、煮崩れを防ぐことが出来ます
油との相性の良いゴボウやニンジンは油で炒めてから煮ることでよりコクが増します
冷蔵庫に残りがちなコンニャクも根菜の仲間なのでオススメです

アイテム2 キノコ類

キノコはうま味の宝庫なのでみそ汁には必須アイテムです!
よく目にするキノコにはシメジ、マイタケ、シイタケ、エノキダケ、ナメコなどがありますね
ポイントは干すこと!
キノコは天日干しをすると持っているうま味やビタミンが増すので、調理する前に干せば美味しさも増しますね
(ナメコは干さずにそのままで調理してください)

アイテム3 豆腐の仲間

みそ汁に豆腐を入れるのは定番だと思いますが、他にも油揚げ、厚揚げもオススメです
ポイントは表面を焼くこと!
油揚げも厚揚げも油で揚げてあるので、それだけでうま味は十分ありますが
表面を焼くと香ばしさも増すので、さらに美味しくなります
オーブントースターで表面がパリッとする程度に焼いて、食べやすい大きさに切ってみそ汁の中へ
このひと手間が美味しさを広げてくれます

アイテム4 ちょい足し食材

出来上がったみそ汁にプラス食材を入れてみませんか
ポイントは手間をかけない!
ゴマをふりかける、きな粉をふりかける、のりをちらす、すりおろしショウガを入れる、お麩を入れる、ごま油やオリーブオイルをかける
これらはみそ汁をお椀に入れてからお好みで入れられるものばかりなので、食べる人それぞれでカスタマイズできるが魅力です
寒い季節におススメなのが甘酒!
お鍋に1人分大さじ1/2程度の甘酒を加えてかき混ぜて、弱火で1分程度加熱するだけなんですがうま味が増して美味しくなります
甘酒には酒かすタイプと麹タイプの2種類がありますが、お子さんと一緒に飲む場合は麹タイプが良いと思います


忙しい毎日でみそ汁をインスタントで済ませたり、作らなかったりすることがあると思います
そんな時でも、ご紹介した4つのアイテムを1つずつ組み合わせることで何通りものみそ汁が出来上がります
ぜひ1日1回はみそ汁を作って寒い季節を乗り切りましょう!!

■この記事を書いたのは…ohana
中1、小2のママ。元サンキュ!ブロガー。
料理嫌いから料理好きに転身し食育指導士の資格を取得
スポーツをする兄妹を食でサポートするためにバランスを考えた献立を日々考案中
Instagramでは日々の夕ごはんを紹介しています

計算中