【脱!手帳3日坊主】ズボラな私が毎日続けるためにやめたこと5選

2020/09/03
  • 家事は適度に簡単に!ズボラでもスッキリ暮らすコツや簡単にできる掃除方法について発信していきます。 もっと見る>>

サンキュ!STYLEライターのちぃこです。皆さん、来年の手帳はもう買いましたか?私は秋になると手帳売り場についつい入り浸ってしまいます。手帳や文房具が大好きなのですがズボラな性格なので学生時代から手帳が続かず、ただ予定を書き込むだけでした。色々書き込んでいるのは最初の1ヶ月だけで、途中からどんどん白紙…というのがお決まりのパターン。日記もほとんど続きませんでした。

そんなズボラな私ですが、ここ一年でやっと手帳を毎日書けるようになりました。今までの自分なら続かなかった手帳がなぜ習慣化できたのか?その理由は5つの事をやめたからなんです。

①既製品の手帳は買わない

今まで手帳の習慣が身につかなった最大の理由が【既製品の手帳を使いこなせないから】でした。昨年は一日一ページタイプの手帳にTODOリストや日記を書いたりしていましたが、書かない日があると空白ができてしまう事に段々とモヤモヤしていきました。

そんな時に出会ったのがDAISOのハードカバーノート。SNSでは見た目が高級ノート【モレスキン】そっくりという事から【ダイスキン】と呼ばれている大人気商品です。私も一目惚れして購入しました!

ダイスキンに自由に書き込んでいくうちに楽しくなっていき、毎日ノートを開くようになりました。一方で一日一ページの手帳は相変わらず開いたり開かなかったりを繰り返していたので、自分にとって既製品の手帳は使いにくいのだと自覚しました。それから既製品の手帳をやめて自由度の高いシステム手帳を購入。リフィルはフリーのメモ欄だけを使っています。スケジュールの他に覚えておきたい事、やりたい事など自由に書いて楽しんでいます。

私のオススメはシステム手帳ですが、お気に入りのノートならなんでもOK!これでいいや、では続きません。必ず自分がときめく、きゅんとする、ワクワクするなど気持ちが高揚するもので始めてみて下さい。

②ページをデコらない

SNSで素敵な手帳の中身を投稿している方が沢山いますよね。私もそれを見るのが大好きですが、自分が実際にやるのは別問題。最初は張り切ってデコっていましたが、早々に面倒くさくなってやめました。毎日の記録にはシンプルに文字と記号だけで、たまに簡単なアイコンを書き込むくらいです。これで面倒な気持ちが消え、毎日無理なく書けるようになりました。

とはいえシールやマスキングテープは大好きなので【読んだ本リスト】【欲しいものリスト】などの毎日書き込まないページに貼って楽しんでいます。ポイントは毎日しない事。たまにやるから楽しいのだと気づきました。

③手帳を収納しない

毎日書く手帳の定位置はリビングのテーブルです。24時間出しっぱなし!最初は寝室の本棚や机の引き出しにしまっていたのですが、思いついた事をすぐ書き出せないので忘れてしまうことが良くありました。家事の最中に買わないといけないものや献立などのアイディアが突然思いついたりしませんか?家事が終わって、いざメモしようとすると中々思い出せない…なんてことが私は良くあります。思いついたら手帳にすぐメモしておくことで、うっかり忘れた!という事が減りました。

さらに収納しないことで【手帳を取り出す】というワンアクションが消え、自然と手帳を開く習慣が身につきました。

④ルールを作りすぎない

手帳には毎日書かないといけない、毎月の目標を書く、食事記録をつける、使うペンは三色だけ…など手帳のルールを作っていませんか?私も手帳の週間スケジュールに一言日記を書くというルールを決めた事がありますが1ヶ月も続きませんでしたし、少なくなりましたがデイリーログを書かない日もあります。

日付付きの手帳だと書かない日があるとそこだけ空白になってしまいますが、普通のノートなら書かない日があっても空白にはなりません。書きたい時だけ思いっきり書けます!私は1日に0.5ページしか書かない日もあれば4ページ書く日もあります。思いついた事はとりあえず書き留めるというルールだけにしたら、手帳を書くハードルがぐっと下がりました。

⑤何冊も持たない

今はサイズ違いのシステム手帳2冊をメインに使っています。以前は用途別に専用ノートを作っていましたが、途中で飽きてしまい使い切った試しがありませんでした。一々ノートを取り出す事が面倒になり書かなくなってしまうというのがお決まりのパターン。今はシステム手帳に読書ノート、家事ノート、スケジュール管理等を全てまとめて一元化しています。愚痴吐き専用ノートだけはありますが、イラモヤが溜まったらすぐ書けるようシステム手帳にこっそり忍ばせています(笑)

最後に;手帳は毎日、開くだけで良い

この1年間を振り返ると、手帳を【毎日開く】だけで自然と書く習慣が身についたように思います。毎日同じ事の繰り返しで何も書くことが無いと思っていましたが、手帳を見返すと過去の嬉しかった出来事を思い出してワクワクしたり、自分は毎日こんなに家事をしているのかと気づく事ができて少し自信もつきました。日々の家事に忙殺されて前日の事さえもすぐ忘れてしまいますが、手帳に書いておくと「そうだ、そうだ、こんなことがあったんだ」と思い出せるので楽しいです。このワクワク感が【手帳を書こう】という原動力なのだと思います。

▶この記事を書いたのは…ちぃこ
最近は暇さえあればスマホよりも手帳を開くほど手帳にハマっています。ブログやInstagramでも手帳や家事ノートについて発信中。

計算中