【減らす】今日からできる!今こそ使い切るべき5つの物

2020/04/28
  • シンプリストうたです。「がんばらない家事」で小さい子供がいてもスッキリした暮らしを実践中。もっと見る>>

こんにちは!68平米のマンションに家族4人暮らし。6歳(息子)と4歳(娘)のママ。
サンキュ!STYLEライターのシンプリストうたです。

おうち時間が長いからこそ、今のうちにやっておきたいおうちの整理。
といっても今回は、捨てずに物を減らす方法をご紹介します。

やるべき事はただ1つ!
買う事をストップして、とにかく持ちすぎた消耗品を買わずに使い切るというもの。
特に取り組みやすい5つの物をご紹介します。

1.アメニティ用品や試供品

旅行の時、ホテルから持ち帰るアメニティ用品や、化粧品を買った時等にもらう試供品をつい溜め込んでいませんか?

元々は無くても過ごせていたはずなので、基本的にゼロでも困りませんが、どうしても使う予定がある時は、限定して持つことをお勧めします。

基本的には必要な時に買うか、100均で詰め替えボトルだけを購入し、普段使いのシャンプーやスキンケア用品を使用した方が管理手間を無くせます。

2.出番が少ない調味料や食材

冷蔵庫やパントリーに、出番が少ない調味料や食材はありませんか?

普段使わない物こそ意識しなければ使いきれません。
賞味期限切れには注意して、最後まで使い切りましょう。
少しの変化が嬉しい今だからこそ、新たなレパートリーを増やすチャンスでもあります。

3. 持ちすぎた掃除用洗剤や洗濯洗剤


新しい掃除用洗剤に飛びついたはいいものの、減りが悪いことはありませんか?
また、特売があるとどうせ使うから、とつい持ちすぎていませんか?

たとえ数十円安かったとしても、それをストックするために収納ケースを買い足したり、収納に収まりきれず、あちこちに置いて忘れ去られたりすると、本末転倒な結果となってしまいます。

暮らしやすくする為には、ライフスタイルや価値観の変化に臨機応変に対応できるよう余白も必要です。
まずは、日常で使っていない洗剤を積極的に使うことから始めてみましょう。

おうちも綺麗になって物も減る!一石二鳥です。

4.捨てるか迷っている服をあえて着倒す

捨てるかどうか迷っているのであれば、様子を見るのもひとつの手ですが、おうち時間が長い今だからこそ着てみる事をお勧めします。

迷いのひとつに、“ 元を取れていない ”という理由があげられます。
「まだそんなに着てないのに」や「高かったのに」もそれに当てはまります。

どんなにお気に入りの服でも、シミがとれないボロボロの状態ではすんなり処分するのではないでしょうか?

着てあげることで、
・その服自体の役割をきちんと果たしてあげる
・精神的な部分での「元を取れた感」や「違和感」を感じることが出来る

これを体感する事によって、今まで迷っていた服が手放しやすくなります。

5.古いタオルやハンカチを雑巾にする


タオルやハンカチはプレゼントにも選ばれやすく増えがちです。
毎日使うものですが、つい持ちすぎていませんか?

そしてよく見たら、数年使った物は黒ずんでいたりする事も!
古い物を雑巾として使いながら、今一度適正量について考えてみましょう。
おうち用であればわざわざ縫う必要もありません。
使いやすいサイズに切るだけで簡易雑巾の出来上がり。

そして、買い足す時も「不安だから何となく買う」のではなく、「困ったから必要な枚数だけ買う」という基準を設けてみましょう。

自分にとっての適量が分かってくるはずです。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。
おうちの整理と言えば、まずは捨てる事を考えがちですが、使わずに捨てるのは心身にも負担がかかりますよね。

消耗品であれば、新たに買わなければ自然と減っていくものです。
捨てずに使い切る事でおうちを少しずつ、でも着実にスッキリさせていきましょう!

記事を書いたのは・・・シンプリストうた
68平米のマンションに家族4人暮らし。6歳(息子)と4歳(娘)のママ。
ズボラでも小さな子供がいてもスッキリ暮らす為のストレスフリーな暮らしを提案しています。

計算中