【冬支度始めました】子どもがいる暮らしのラグ選びの条件

2020/10/15
  • 専業主婦で6歳・4歳のママ。「子どもがいてもズボラでもすっきり暮らす」をテーマに発信中。 もっと見る>>

こんにちは!68平米のマンションに家族4人暮らし。6歳(息子)と4歳(娘)のママ。
サンキュ!STYLEライターのシンプリストうたです。

朝晩は冷え込み、少しずつ冬支度をする時期となってきました。

今回購入したのは、「ラグ」。
春夏は敷いていませんが、秋冬の半年間はお世話になっています。

今回は、子どもがいる暮らしで「ラグを持つ理由」や「ラグ選びの条件」についてまとめたいと思います。

ラグを持つ理由

最近では、管理の大変さからラグを持たない人も増えてしましたが、我が家は毎年秋冬の半年間はラグを敷くようにしています。

理由は、

・ロースタイルの生活で床に座ることも多いから
・床暖房の効果が高まるから(節約にもなる)
・家族のくつろぎスペースが増えるから


家事効率だけを求めていれば、無い選択をしていましたが、
「家族の意見や快適空間」重視で考えた結果、ラグは必要という結論に至りました。

ラグ選びの条件


ラグ選びで絶対に外せない条件が2つあります。

それは、

・洗濯機で洗えること
・滑り止めがついていること

です。


以前、見た目重視でこの2つの機能がついていないラグを購入したところ、「不衛生かつ滑りやすく危険」という不快な経験してからは、この2つは最低限の条件としています。

また、ラグの色も空間に馴染む重たすぎない色を選んでいます。
ホワイトラグに憧れますが、洗えるとはいえ気が張ってしまうので避けています。

ホワイトラグは将来の楽しみにとっておいて、今は汚しても快く、「いいよ」と言えるかどうか基準で選んでいます。

購入ラグの詳細

〇楽天
販売店:ラグマット通販のサヤンサヤン
商品名:エクセレント・ムーティⅡ
サイズ:190cm×190cm
色:グレージュ
価格:7,990円

居心地いい空間になりました

ムートン調のふわふわラグです。

例年なら掃除機をかけやすい毛足が短いタイプを選びますが、今年は「気分が上がるか」で自分が好きかどうかを重視してみました。

ダイニングテーブルはなく座卓で食事をしていますが、やはり食べこぼし等は気になるので、ここには座卓を置かずにくつろぐスペースとして使うことにしました。

座卓は、和室に置く事で、食べこぼし問題も無事解決しそうです。

ソファーに座っても足元は暖かいですし、足を伸ばして寝転ぶ事もできます。

特に子どもが「気持ちいい〜」とこの場を離れません。

家族がずっとここにいたくなるような空間になったと思います。

最後に

いかがだったでしょうか。

ラグを敷くことで、暖かくなるのはもちろんの事、空間全体の温かみのある雰囲気も作れました。

くつろぎスペースを作るアイテムとして、気軽に取り入れられるラグ。

その選び方さえ間違えなければ、「快適・清潔・安全」の三拍子揃った快適空間を手に入れる事ができますよ。

記事を書いたのは・・・シンプリストうた
68平米のマンションに家族4人暮らし。6歳(息子)と4歳(娘)のママ。
ズボラでも小さな子供がいてもスッキリ暮らす為のストレスフリーな暮らしを提案しています。

計算中