こたつを置いてもダメ人間にならない対策3つ

2021/01/31
  • 専業主婦で6歳・4歳のママ。「子どもがいてもズボラでもすっきり暮らす」をテーマに発信中。 もっと見る>>

68平米のマンションに家族4人暮らし。7歳(息子)と5歳(娘)のママ。
シンプルライフを目指す、サンキュ!STYLEライターのシンプリストうたです。

昨今、こたつ離れが進んでいますが、その理由の1つとして、「ダメ人間になってしまうから」という方も多いようです。

しかし、こたつを導入して2年目の今、そこまで警戒する必要はないと感じています。

そこで今回は、こたつとうまく共存していくべく、「こたつを置いてもダメ人間にならない対策3つ」をご紹介したいと思います。

1.日中はコタツをあげる

子どもたちが幼稚園や小学校に行ってからなるべくコタツを立て掛けるようにしています。

そうすることで、掃除習慣が身につき空間もすっきりしますし、コタツに入っていたら数時間立っていた…なんてこともなくなります。

2.効率化アップの為の作業はコタツでやってもOK

とはいえ、作業をしたい時はあえてコタツを使う場合もあります。

このコタツのおかげで、1月は過去最高の「30記事」を執筆することが出来ました。
「コタツをワークスペースにする」というゆるい目標設定のおかげで、ハードルを下げ、継続力を生み出すことに繋がりました。

きっと机に真面目に向かっていたら達成出来ていなかったことでしょう。

その他、読書や夫の資格勉強もこたつのおかげではかどっています。

3.ご褒美として使う

これも前述と似ていますが、「家事の効率化を図るためのご褒美」として使う方法です。

ダラダラ過ごすのが悪だと感じるのは、やる事をやらずに怠けているからだと考えられます。

逆転の発想で、「やる事をやったら気兼ねなくダラダラしても良い」という新ルールに変えたところ、ダメ人間になるどころか、自己肯定感を生み出すことやおうち時間のストレス解消にも繋がりました。

すっきりした部屋でダラダラするのは何とも快適ですよ。

最後に

コタツに振り回されずダメ人間にならない為には、2つ要点があります。

ひとつは「効率化アップの為の手段」として使う意識を高める事です。
もうひとつは「意図的にダラダラする」事です。

特に、自粛期間だと時には力を抜いてダメになることも必要ではないでしょうか。
家族でこたつに集まってゴロゴロするのもおうち時間の平和な過ごし方です。

記事を書いたのは・・・シンプリストうた
子どもがいてもズボラでもすっきり暮らせるアイデアをご提案しています。

計算中