これって贅沢?マンション住人がもしも家を建てるなら絶対につける〇〇3選

2021/02/01
  • フリーランスで7歳・5歳のママ。元捨てられない女が「子どもがいてもシンプルに暮らす方法」を発信中。 もっと見る>>

68平米のマンションに家族4人暮らし。7歳(息子)と5歳(娘)のママ。
シンプルライフを目指す、サンキュ!STYLEライターのシンプリストうたです。

戸建て派だったわが家が、とあるキッカケとご縁があり、5年前に分譲マンションを購入。
予想以上に快適だったのですが、やはり自由度が高い戸建ての注文住宅にも憧れを持ちます。

そこで今回は、現在のマンションで感じる不満点を元に、注文住宅にするなら改善できそうな3つのつけたい〇〇をご紹介したいと思います。

1.ランドリールーム

現在は、リビング横の和室に、物干しポールを設置して室内干しメイン、時々浴室暖房乾燥機で過ごしています。

冬場は、加湿対策になって良いのですが、洗濯物を干しているとどうしても生活感が出やすいのが悩みの種。

北側の個室に干そうとすれば、日が全く入らないためなかなか乾きません。

完全に乾燥機に移行すれば、電気代や仕分け作業、畳み作業等また別の問題が発生します。

1番の希望は、日当たり抜群のランドリールームを設置し、気兼ねなく洗濯物を自然乾燥で干せること。
その真横に、クローゼットを設置し、洗濯動線ばっちりの設計にするのが理想です。

2.明るい玄関

マンションだと、リビングに日当たりを重視するあまり、構造上どうしても玄関が暗くなってしまいがちです。
特に中住戸だと、窓がないため電気をつけないと真っ暗です。
また、狭い玄関に天井まである玄関収納にしたことにより圧迫感を感じます。

風水でいう「運気は玄関から入ってくる」とすれば暗くて圧迫感がある玄関は大問題!

なるべく靴を出しっぱなしにせず明るい雰囲気を心掛けていますが、自然光が入る明るくて開放的な玄関が理想です。

3.土間収納もしくは野外収納

収納で1番頭を抱えるのは、夫の「釣り道具」収納です。
大中小のクーラーボックスを持っており、大きいもので約1m近くもあるので、狭いクローゼットの大半の場所をとられてしまうこと、また野外で使う物をできるだけクローゼットの中に置きたくないのが本音です。

本来は掃除用品を収納したかった細長い収納場所も、唯一釣り竿が入る場所なので、占領されている状態です。

また、家族で楽しめるアウトドア関係の用品も気になりますが、収納がなくて諦めざるを得ないのが現実問題です。

土間収納か野外収納があれば、これらの問題が全て解決できそうです。

最後に

以上、マンション住人がもしも家を建てるなら絶対につける〇〇3選をご紹介しました。

現実的に戸建て(注文住宅)を建てる予定は一切ない為、引き続き工夫で乗り切るしかないのですが……。
理想の暮らしについてあれこれ考えるのは楽しみのひとつだったりします。

記事を書いたのは・・・シンプリストうた
子どもがいてもズボラでもすっきり暮らせるアイデアをご提案しています。

計算中