【キッチンコンロ周り】ズボラな私がモノを置かないようにしている理由

2020/09/11
  • ママと家族の笑顔が増える暮らしを提案する整理収納アドバイザー。6歳と4歳の2歳差兄弟のママ。もっと見る>>

こんにちは!6歳と4歳の2歳差兄弟のママで整理収納アドバイザー。サンキュ!STYLEライターのKumiです。

キッチンのコンロ周り、時短になるという理由でフライ返しやお鍋の蓋などよく使うモノを置いたり吊るしたりする方も多いのではないでしょうか。私も以前はコンロ周りにモノを置いていましたが、ある理由から今ではモノをできるだけ置かないようになりました。今回は、ズボラな私がコンロ周りにモノを置かなくなった理由についてご紹介します。

理由は掃除のハードルを下げるため!

私がコンロ周りにモノを置かない理由は、掃除のハードルを下げるためです。キッチンの中でも特にコンロ周りは都度掃除するのがキレイをキープするコツ。放置すると油まみれになってしまって、掃除に時間がかかり、その掃除がまた面倒に感じてしまって後回しにして・・と悪循環。しかし、コンロ周りにモノがないとモノを移動させたりすることもなく、サッと拭くだけなので、ズボラな私には掃除がとってもラクで合っています。我が家では、掃除にも使うキッチンペーパーだけは出しておいてOKにしており、掃除をできるだけしやすい環境作りをコンロ周りでは優先しています。

時短を意識してモノを置いていた時期も

以前は時短家事を意識して、すぐに取り出しやすいようにとコンロ周りにモノを置いていた時期もありました。その頃は、料理の時に飛び散った油が周りにあるモノにもついてしまって、またそれが気になってしまう・・・ということもしばしば。結局油が飛び散った部分は、モノを移動させて掃除するという私にとって面倒な作業が必要に。しかし、モノが出ていない今では、その心配もなくストレスフリーな状態で料理をすることができています。結果、私にとっては、すぐに掃除できる環境作りが時短となっています。

料理の時短よりも掃除のしやすさ重視!という方におすすめ

モノを移動させて掃除をするのが面倒な方には、我が家のようにコンロ周りにモノを置かない方法がおすすめです。ただこの価値観はやはり人によって様々。掃除のしやすさよりも料理の時短を優先させたい!油が飛び散るたびにモノを移動させながら掃除するのが面倒に感じない、という方にはコンロ周りにモノを置いたりかけておく収納が時短になるのでおすすめです。

まとめ

我が家は、コンロ周りにできるだけモノを置かない、かけないようしたことで、コンロ周りのキレイをキープできるようになりました。私のようにモノを移動して掃除するのが面倒と感じる方、掃除のしやすさ重視の方は、コンロ周りにモノを置かない仕組み作りを試してみてはいかがでしょうか。

◆この記事を書いたのは・・・Kumi
ママ整理収納アドバイザー。子育てママがイライラを手放して時間と心の余裕を作り、自分らしく笑顔で楽しむ暮らしを提案しています。

計算中

関連するキーワード