【2020年買ってよかったモノ】時短が叶った洗濯洗剤

2020/12/10
  • ママと家族の笑顔が増える暮らしを提案する整理収納アドバイザー。6歳と4歳の2歳差兄弟のママ。もっと見る>>

こんにちは!6歳と4歳の2歳差兄弟のママで整理収納アドバイザー、サンキュ!STYLEライターのKumiです。

毎日家事に育児に仕事にと忙しく過ごしていると、少しでも家事をサッと済ませたい!という気持ちになりますよね。私もできるだけ家事は時短して家族との時間、自分の時間を確保したいと考えています。今回は、そんな我が家が2020年に買ってよかったと思う、時短を叶えてくれた洗濯洗剤をご紹介します。

時短を叶えてくれた洗剤は「アタックZERO」のプッシュ式

これに変えるまでは、ボトルタイプの洗剤を使っていました。
毎回キャップで計って入れるのですが、キャップが開けづらかったり、計る時に手に洗剤が付いてその度に手を洗ったりするのがプチストレスでした。

でも、このプッシュ式にしてからは、プッシュする回数で入れる量がわかるので、計る必要もなく、手に洗剤が付く心配もなくなりました。計ったり手を洗ったりすることがなくなったので、サッと洗濯スイッチが押せて洗濯がとてもスムーズになりました。

パッケージを剥すと真っ白に

シンプルなので、そのまま置いていても色がそんなに気にならないのも嬉しいところ。見た目がもっとシンプルが良いという時には、パッケージを剥すと真っ白にすることもできます。出しっぱなしにしたい、白いもので統一したいという方には嬉しいポイントです。我が家も洗濯洗剤は出しっぱなし収納なので、パッケージを剥して白で統一しています。

何プッシュすると良いかすぐわかるようにマステで記載

パッケージを剥しても何プッシュ入れるとよいかわかるように、我が家はマスキングテープに書いて、それを洗濯機に貼っています。そうすることで、すぐに適量がわかり、時短に繋がります。そして、誰にでもわかりやすくしておくことで、家族も手伝いやすくなり、家事シェアができてママもラクになっていきます。

ちょっとしたことの積み重ねが大きな余裕・時間つくりに

今回の洗濯洗剤も本当にちょっとしたことですが、このちょっとしたことの積み重ねがママの大きな余裕・時間作りに繋がっていきます。日々の暮らしの中でちょっと使いづらいなとプチストレスに感じることがあれば、そこを見逃さずにぜひ改善してみてくださいね。

◆この記事を書いたのは・・・Kumi
ママ整理収納アドバイザー。子育てママがイライラを手放して時間と心の余裕を作り、自分らしく笑顔で楽しむ暮らしを提案しています。

計算中