ディズニーシーファンタジースプリングス

「ファンタジースプリングス」東京ディズニーシー®新テーマポート攻略考察〜アトラクション編〜

2024/05/28
  • 食べることと旅行大好きなアラサー2児のママ。新しいものにも目がありません!もっと見る>>

2024年6月6日開業予定の東京ディズニーシー®新テーマポート「ファンタジースプリングス」のプレビューにまさかの当選!オープニング前に一足早くアトラクション体験してきました。プレビュー体験をもとにファンタジースプリングスの攻略法を考察します。

「ファンタジースプリングス」乗るならどれがオススメ? 

どれも作品ごとの世界に没入できる素敵なアトラクションばかりでした。"推し"がいる人はまず推しのアトラクションを!私が1つだけ選ぶとしたら「アナとエルサのフローズンジャーニー」がオススメです!何百回と擦り切れるほどBlu-rayを見て、何度も想像した「アナと雪の女王」の世界やシーンがアトラクションならではの表現で体感できて感激しました。アナログな人形とデジタルな映像の組み合わせはまるで魔法のよう。臨場感のある音楽と歌は、そこにエルサとアナがいるみたいでした。また、シーンに合わせて不規則な動きをする水流ライダーがまるでソリに乗っているかのようで、乗りごたえもありです!

一緒に行った娘は、「ピーターパンのネバーランドアドベンチャー」にハマっていました。「ピーターパンのネバーランドアドベンチャー」は約6分のライドタイプのアトラクション。(※身長102cm以上の身長制限有り)ボートに乗り込みゴールグルをかけて3Dで楽しむアトラクションです。映像がリアルで、自然の中を飛んでいるような臨場感がすごい!新感覚のライドだと思いました。

「ファンタジースプリングス」混みそうなアトラクションは?

最も混雑しそうなアトラクションは「フェアリー・ティンカーベルのビジーバギー」だと考察します。他のアトラクションは、東京ディズニーランドのアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」のように一度に沢山乗船できるのに対し、「フェアリー・ティンカーベルのビジーバギー」は一度に4人づつしか乗車できないので、アトラクションの入れ替わりに時間がかかるかと思います。入場者が限られているプレビューの日もアトラクションの待機列よりはみ出て行列ができていました。

また、「1デーパスポート:ファンタジースプリングス・マジック」のプライオリティ・アクセス・エントランスも対象外の為、入場したらまず1番に「フェアリー・ティンカーベルのビジーバギー」に並ぶことをオススメします。

「ファンタジースプリングス」天候に左右されるのは?待機しやすいアトラクションは?

一番天候に左右されるアトラクションは、屋外の乗り物である「フェアリー・ティンカーベルのビジーバギー」だと思います。また、待機するエリアも屋根が少な目です。

「ラプンツェルのランタンフェスティバル」も、アトラクションの最初が屋外の為、天候に左右されそうです。

「フェアリー・ティンカーベルのビジーバギー」と「ラプンツェルのランタンフェスティバル」は、ベビーカーのまま待機列に並ぶことができました。

いかがでしたか?一足早い東京ディズニーリゾート® 「ファンタジースプリングス」攻略考察を参考にぜひハピネスな1日をお過ごしください。

【参考:東京ディズニーリゾート® 公式サイト】

計算中

関連するキーワード