【災害対策】物を備える時に意識したい事

2021/02/27
  • 1LDK賃貸で上質な干物暮らしを目指す、40代主婦。在宅ワークや整理収納アドバイザーとしてゆるっと活動しています。もっと見る>>

40代で妊娠、出産。1LDK賃貸に夫と息子(0歳)の3人家族。
上質な干物暮らしを目指すサンキュ!STYLEライターのおかさんです。

近年の災害対策として避難グッズや備蓄を揃えたり見直すことがあると思いますが
今回は物を備える時に意識したい事を紹介します。

家族の普段の行動

普段の過ごし方は家族でもバラバラです。
我が家の場合、夫は日中仕事で外回りか会社ですが私は自宅で家事や子育てをしています。
高齢者や小さなお子さんがいれば別の過ごし方があるかもしれません。
家族の普段の行動を知っておくことで対策しやすくなると思います。

何が必要か家族と話し合う

●自宅から避難する場合
●自宅で避難する場合
●避難所で過ごす場合
他にも
●夫の仕事で乗る車内に置いておきたい防災グッズ
●子どもが生まれてから必要な物
●通院中、薬が必要な場合

いろんな状況を想定して家族間で話し合うのは1人で考えるより
広い視野で備えができるのでオススメです。

場所を確認しあう

家の中の避難グッズや備蓄の場所を家族で共有するのはもちろん
避難ルートや場所、危険な場所を共有しておくことも重要です。
また、災害用伝言ダイヤル171を登録しておくのも安心です。

最後に

いろんな情報が溢れる昨今で何を備えればいいか迷ってしまいますが
家族や身の周りを意識してみると本当に必要な備えができるのだと思います。

記事を書いたのは・・・おかさん
40代で妊娠、出産。1LDK賃貸に夫と息子(0歳)の3人家族。
1LDK賃貸で上質な【干物】暮らしを目指す主婦&整理収納アドバイザー&在宅ワーカー。

計算中