【貯金0の汚部屋】脱出したら1年で100万円貯金できました。

2021/10/22
  • 1LDK賃貸で上質な干物暮らしを目指す、40代主婦。在宅ワークや整理収納アドバイザーとしてゆるっと活動しています。もっと見る>>

40代で妊娠、出産。1LDK賃貸に夫と息子(0歳)の3人家族。
上質な干物暮らしを目指すサンキュ!STYLEライターのおかさんです。

実は私お金使うのも貯めるのも大好きです。
それなのに汚部屋の頃は使っても楽しみは残らず貯金も下降の一途を辿っていました。
そんな私が汚部屋脱出後1年で100万円貯金できた勝因を振りかえってみたいと思います。

片づけで「反省力」と「選択力」がついた

部屋を埋め尽くすほど大量なモノを約1ヶ月で片づけきった後の生活では
本当に必要なモノや量が分かるようになりました。

同時に捨てる時も「捨てる理由」を見つけ次の購入の反省材料にしました。

新たにモノを買う時は「本当に使い切れるかな?」「しまう場所はあるかな?」と
考えるようになり安易に購入しなくなりました。
結果、家がモノでいっぱいになる事がなくなったのです。

モノ=お金と気づいた

ある日、財布に入れたお金がほとんど減っていない事に気づきました。
買い物をしていないからお金が減らなかったのです。

今なら分かるのですが、この時モノとお金は連動していると認識したのです。

汚部屋の頃は何も考えず目についたモノを買うスタイルでしたが
片づけで反省力と選択力が身についてからは必要な分だけを買うスタイルに激変したので
自然とお金が残るようになったのです。

片づけの選択力を活かし貯金モードへ

自然とお金が残るのであれば1ヶ月の生活で必要になるお金も予想できるのでは?
片づけで身についた選択力で

●使うお金→家賃、食費、光熱費、交際費など
●使わないお金→貯金

ざっくり予算を立て無理のない額で貯金を始めました。
必要なお金は手元にあるので何の心配もなく生活している間に1年で100万円貯金できたのです。

片づけで部屋もお金も整った!

当時は片づけに必死で貯金も出来るとは思いもしませんでした。
けれど実際、汚部屋脱出してから毎年100万円貯められ
結婚した今も金額こそ変わりましたが貯金できています。

全ては片づけによる「反省力」と「選択力」だと思っています。
ぜひ、片づけでお部屋とお金をスッキリ整えてみましょう。

記事を書いたのは・・・おかさん
40代で妊娠、出産。1LDK賃貸に夫と息子(0歳)の3人家族。
1LDK賃貸で上質な【干物】暮らしを目指す主婦&整理収納アドバイザー&在宅ワーカー。

計算中