【ダイエット】捨てたら15キロ以上も痩せたものは○○だった

2020/10/21
  • ペット系サービスを運営する2児ママ。筋トレにハマり無理なく10kg以上のダイエットに成功しました!もっと見る>>

こんにちは!
食事制限なしで1年間に15㎏のダイエットに成功しました、サンキュ!STYLEライターのゆみみんです。

私は今回のダイエットでは、“無理をせずに楽しく痩せる”をモットーにしてきたのですが、
まずはじめにあるものを捨てました。
今回はその「あるもの」についてお話していきます。

ダイエットの方法は人それぞれですので、一体験談としてお読みいただけたら嬉しいです。

“見栄”を捨てた

結論から言いますと、私は今回のダイエットを始めるにあたって“見栄”を捨てました。

お恥ずかしいことですが今までの私はまさに『見栄の塊』でした。
おしゃれで素敵な暮らしぶりに憧れていたこともあり、私も「こう見られたい」と思う気持ちがとても強かったのです。

それがダイエット面にも現れていて、「自分は太っている」ということは理解しながらも「ダイエットしてるなんて言ったら周りに馬鹿にされる」と思い込んで、
「太っていても別になにも困らないし、今のままでもいいんだ」と無理やり思うようにしていました。

もちろん、“痩せていること=美”というわけではないですし
本当にそのままで良い人もたくさんいると思います。
ですが私の場合は、身長が155cmと低めなのに対して体重は65㎏、体脂肪率は33%もあって
腰痛や足首の痛みが慢性的にあり、体が悲鳴をあげている状態でした。

「もう見栄なんて張っている場合じゃない!!」

こうして私はダイエットを始めるのと同時に見栄を捨てました。

見栄を捨てた代わりに始めたこと

見栄を捨てた私は新たに、Instagramでダイエット専用のアカウントをつくりました。

体のラインがわかるような写真、体重、体脂肪率、その日の食事内容などを記録して投稿。
同じようにダイエットをしている人たちにありのままを見てもらうことで、モチベーションアップに繋げました。
挫けそうなときには他のダイエッターさんの頑張りを見て気を持ち直したり、自分に合ったダイエット法を見つけるための情報収集もここで行いました。

見栄を捨てないままだったら、きっとここでも良いことばかり投稿しようとしていたでしょう(笑)。
なので、見栄を捨てたことは私にとっては大正解だったと思っています。

何かを始めるまえには、やめたり捨てたりすることも大切だと感じた今回のダイエット。
65㎏あった体重は現在48㎏前後、体脂肪率も33%から22%まで落とすことができました。
今も理想の体型を目指してボディメイクを継続中です。
よろしければ他の記事やダイエットアカウントも覗いてみてくださいね。

※すべて個人の体験や感想をもとに書いています。


■記事を書いたのは・・・ゆみみん
小学1年生の長女と、2歳の長男を持つママ。
ペットロスカウンセラー、ペットケアアドバイザーとしてサービスを運営しながら自分の時間も大切にしています。
約1年で無理なく15kgのダイエットに成功しました!

計算中