【ミニマリスト】日用品の”大容量”やめました!やめたらおきた3つの変化

2021/11/29
  • 「衣・食・住をシンプルに整えて、心が豊かになる暮らし」を実践中。4歳男の子のミニマリストママです。 もっと見る>>

モノを手放して、家事の手間をへらしたい!ミニマリスト主婦で、サンキュ!STYLEライターのいえはです。

”大容量”と聞くとお得でついつい買ってしまいますよね。

以前は、シャンプーにハンドソープに洗濯洗剤に、、となんでも特大サイズを買っていたのですが、やめました!

やめたらおきた3つの変化をご紹介します。

1.収納スペースに余裕ができた

特大サイズは、収納しておく場所を取ります。

高さがあり、幅が大きくて、”引き出しに入らない”なんてこともありました!

キッチンの背面収納に棚を追加して、ボトルを置いていたのですが、やめたら棚が必要なくなり、棚を処分して、スペースができました。

使い切りサイズは引き出しに収まります。

2.詰め替えやすい

詰替え作業は、”名もなき家事”のひとつだと思うので、少しでもラクに手早く終わらせたいです。

大容量だと、入れすぎてあふれてしまい、こぼれることがあったり、特大サイズは重たくて、詰替えが大変でした。

使い切りサイズで、詰替え作業がラクになりました。

3.劣化しない

特大サイズは使い切るまでに何ヶ月もかかるので、劣化が気になりました。

使い切りサイズは、常にフレッシュです!

日用品もそうですが、食品や乾物も使い切りサイズを選びます。

使い切りサイズを選ぶ

大容量をやめたらおきた変化は、
・収納スペースに余裕ができた
・詰替えやすい
・劣化しない
の3つです。

収納スペースがたっぷりあって、詰め替えボトルは大きいモノを使っている場合は、大容量はお得で、最適です。
モノをへらしてミニマルな生活しているので、ミニマルライフと使い切りサイズは相性抜群でした。

日用品は使い切りサイズを選んでいます。

記事を書いたのは・・・いえは
衣・食・住をシンプルに整えて、心が豊かになる暮らしを提案しています。

計算中