シンプルな暮らしが手に入る!1つ買ったら1つ手放す【1in1outの法則】とは

2021/10/11
  • 「衣・食・住をシンプルに整えて、心が豊かになる暮らし」を実践中。4歳男の子のミニマリストママです。 もっと見る>>

「モノをへらして心が豊かになる暮らしを目指す」サンキュ!STYLEライターのいえはです。

”シンプルな部屋”と聞くとどんな部屋を想像しますか?

そうじが行き届いてスッキリしたきれいな部屋が思い浮かびますよね。

そんなシンプルな部屋、暮らしをつくることができる法則があるんです!

1つ買ったら1つ手放す「1in1outの法則」をご紹介します。

1つ買ったら1つ手放す「1in1out」

モノが多いと、管理が大変で時間がなくなる・収納場所に困って部屋が窮屈になる・リラックスできない、などシンプルな暮らしからかけ離れていきます。

シンプルに暮らすには、”モノを増やさないこと”が絶対条件です。

モノを増やさないために、1つ買ったら1つ手放す「1in1out」を取り入れます。

手放すことで、モノが増えることがなくなります。

どんなモノも1in1outする

増えがちな服、アクセサリー、バッグなどは、新しく次々追加するのではなく、使わなくなったモノと入れ替えます。

家電も最新機種がでると試してみたくなりますが、壊れてから買うか、なにかと入れ替えるかして定数をキープします。

どんな小さなモノでも1in1outを心がけます。

手放すこと

捨てるのはもったいない!と手放すことをためらってしまいますよね。
少ないモノで暮らすと、1つのモノを使い切ることができます。

服だったら、ワンシーズン毎日のように着ることで、クタクタの状態になるので、もったいないというより”使い切った”という気持ちで捨てることができます。

手放すことに抵抗がなくなります。

シンプルな暮らしを手に入れよう

1in1outを実践すると、モノが増えないことが最大のメリットです。

モノをへらすと、空間に余白ができ、部屋がスッキリします。
また、管理する量がへり、時間にもゆとりがうまれます。

1つ買ったら1つ手放して、シンプルな暮らしを手に入れてください。

記事を書いたのは・・・いえは
”モノを手放して余白をつくり、その中にほんの少しの大切なものだけをもつ”そんなミニマルライフを提案するミニマリスト主婦です。

計算中