おかずや果物にも使える!冷凍ごはんパックでお財布にもエコ活!

2021/10/25
  • 専業主婦、ときどきライター、常に1人の子を育てるママ。お金をかけないインテリアと少し笑える文章が得意です。 もっと見る>>

冷凍ごはんが冷凍庫にある日は、夕ごはん作りの気の重さから少し解放されるサンキュ!STYLEライターのみたこです。

我が家でごはんを冷凍する際に使っているのは『イモタニ 便利な一人分冷凍パック』です。このパックのオススメポイントと、残念ながら1つだけある欠点をご紹介します。

1.ラップ使用量が激減!

このパックを使い始めてから、ラップの使用量が激減しました。

ラップでごはんを包んでいた頃は、驚くほどのスピードでラップが減っていき、「え!?もうラップこれしか残っていないの!?」と思うことが頻繁にありました。

冷凍ごはんパックは、地球にもお財布にもやさしく、我が家のエコ活代表選手です。

2.『一人分』の量がブレない

このパックを使うと、毎回同じ量を一人分として冷凍できるのもオススメしたいポイントです。

ラップで包んでいた頃は、「あれ?今日のごはんいつもより少ない?」と夫から言われることがありました。その都度私はお茶を濁していましたが、確かにごはんをラップに包みながらも「む?なんかちょっと多かったな。」「あら?今日は少ない気がするけど、ま、いっか。」と思うことがちらほら。

イモタニのパックは、ちょうどごはん一膳分が入る大きさなので、一人暮らしの方や、今日は一人分のごはんしかいらないという時にも便利です。

3.冷凍時も収納時もかさばらない

収納時はもちろん、冷凍時もかさばらないこともオススメポイントです。

保存容器類は庫内で何かと場所を取りがちですが、このパックは冷凍時に4つ重ねても高さは13cmほどで、冷凍庫上部の引き出しにもしっかり収まります。 

収納時には、容器同士を重ね合わせてさらにコンパクトにまとめることが可能です。

4.果物やおかずの冷凍にも使える

このパック、ごはんだけではなく、なんと果物やおかずの冷凍にも使えます。

3歳の娘は、プレーンヨーグルトに冷凍バナナをのせたものを朝食べるのが大好きなのですが、バナナも小分けで冷凍するとなるとそれなりにラップを使います。

このパックなら、使いたい分だけをパックからサッと取り出すことができ、意外と手間になるラップを外す作業もいりません。大きいバナナ1本も輪切りにして余裕で入る大きさです。

5.唯一の欠点は・・・洗いにくさ

このパックの唯一の欠点は、洗いにくさです。

パック全体はごはんが付きにくい加工になっているのですが、四隅にある溝や、フチに入り込んでしまったごはんはよく見て洗わないとそのままになってしまい、後日カピカピになって貼り付いているごはんを見つけたことが何回かあります。

他のパックと比較していないので何とも言えませんが、今のところメリットのほうがこの洗いにくさを上回っているので、しっかり洗うことを心がけながら愛用しています。


冷凍ごはんパックは本当に便利!

ごはんを冷凍する習慣のある方ならば、今回ご紹介したパックに限らず、ごはんを冷凍できるパックは本当に便利でオススメです。

私が実際に使って感じたように、驚くほどにラップの使用量が変わるので、小さなエコ活を始めてみてくださいね。

・記事を書いたのは・・・みたこ
整理収納アドバイザー2級。
専業主婦、ときどきライター、常に3歳児のママ。お金をかけないインテリアと文章を書くことが大好きで、2年前に購入した建売住宅をいかに快適な場所に変えていくかを日々研究中。整理収納アドバイザー1級を目指しているが、ただ今停滞中。

計算中

関連するキーワード