【整理収納】ズボラ主婦こそマネしてほしい!覚えておきたい収納のコツ3選!

2022/01/05
  • 転勤族の妻。高校生男子、中学生女子のママ。17年間専業主婦で得た家事テクを発信していきます。 もっと見る>>

整理収納術を日々勉強している、サンキュ!STYLEライターのryokoです。

整理収納はキレイにした後だけ使いやすくても意味がなく、その状態をいかにキープできるかが重要です。

今年こそお部屋をキレイにキープにしたい人にぜひオススメの覚えておきたい収納のコツ3選を紹介します。

取り出しやすい仕組み作り!

収納は見た目をキレイにするためではありません。使う為に収納します。そのため、なによりも使いやすくしまいやすくなければ意味がありません。

取り出すまでに時間がかかると、しまう時も面倒になり、やがて【出しっぱなし】と言う状態になってしまいます。

そうならない為にもアクション数を減らすことが肝心です。頻繁に使うものはしまい過ぎに注意して、いかに使いやすいかを重視しましょう。

元の位置に戻すのが面倒な時の対処法!

元の位置に戻すのが面倒になってしまう原因には、奥にしまいすぎて取り出しにくい場合があります。

そんな時はまとめて取り出せるようにひと工夫!持ちやすいカゴや片手で持てる収納用品などが便利です。

使い勝手を優先してあえて出しっぱなしにしておいてもOK!とにかく続けられるコトが大切です。

使いやすい収納をつくる!

使いやすい収納を作るには、空間に少しだけ余裕を持たせるようにしましょう。詰め込みすぎると出し入れがしにくくなり、使い勝手が悪くなります。

引き出しや収納用品にぎゅうぎゅうに詰め込むのではなく、少し動かせる程度の余裕を持って収納すると取り出しやすくしまいやすいのでキレイをキープするコトができます。

覚えておきたい収納のポイント!

①取り出しやすい仕組みを作る。
②元の位置に戻しやすく工夫をする。
③使いやすい収納を作る。

ちょこっとだけ仕組み作りを覚えてしまえば、ラクしてキレイをキープする事ができます。

みなさんもぜひ取り入れてみて下さいね!

◆この記事を書いたのは・・・専業主婦ライターryoko
23歳で結婚し、24歳で長男、27歳で長女を出産。字を書く事が大好きで、毎日《朝日記》をつけて1日をスタートさせています。シンプルな家計管理術、整理収納やお掃除術、簡単料理などを発信しています。

計算中