【憧れの地方移住】田舎で暮らせる人、暮らせない人の違い。

2022/06/25
  • 月10万円で暮らす倹約家ママ。借金完済した経験をもとに、節約体質が身につく考え方、実践法を発信中! もっと見る>>

こんにちは!
サンキュ!STYLEライターのさっこです。

私は18歳まで、人口2万人規模のちっちゃな市で育ちました。

※トップ画像の田園風景は、実際に私の田舎です

しかしこの私、「おらこんな村いやだ〜!」という願望が、人一倍強く・・・小学生の頃からすでに(笑)

高校を卒業して即、念願の上京を果たすわけですが、サークルの旅行で行った沖縄の魅力に惹かれ、石垣島(人口4万人ほど)にも1年間住んで、「あぁ、地元と似てるな。地方って結局、こうなんだな。」と感じたことが3つありました。

今回はそれを紹介していきたいと思います。

「これから地方移住を検討している!」という方には、かなり参考になる記事かと思います^^

それでは、どうぞご覧下さい〜!

その1 田舎暮らしは、車の免許がないとキツイ

はい、この免許問題。

完全に死活問題です。(キッパリ)

田舎は電車なんていうハイカラなものは走ってないし、バスは1日3回。

おまけに、免許がないという事実は、就職活動にも影響します。

なんと、田舎はどの求人にも「(必須)普通運転免許 ※AT限定不可」の文字・・・!!!

これマジなんですよ。涙

車の免許のないわたし、もう・・・どんなに苦労したことか。涙

少なからず東京での一人暮らしって、車使わないんですよね。

だから20代の頃は「田舎帰る時だけ、親や友達に迎えに来てもらえればいいやー」と思っていました。(ちなみに、実家から新幹線の駅までは約70km)

しかし30代超えてくると、さすがに親も歳をとってくるし、かつての友人だって、家庭を持てばそれなりに距離はできていくもの。

田舎暮らしは、チャリと徒歩では限界があります。

車の免許は必須です。

生活を維持する上でも、仕事をするという意味でも、必ずなければならない資格なので、無い方はご注意下さいね。

その2 近所付き合いができないとキツイ

都会に住んでると、隣の部屋にどんな人が住んでるのか知らなかったとしても、別に何も害はないし、困るようなことも一切ないですよね。

しかし田舎は、違います。

マンションやアパートの頭数も少ないので、基本的には一軒家暮らしが大多数だと思うのですが、それでも良好な近所付き合いは必要です。

地元の人たちって、昔からそこにいるので、当然、周囲には知ってる人しかいませんよね。

車の色や車種、ナンバーを見れば「あ、○○さん!今からどこ行くんだろうね?」って、分かっちゃうぐらい。(本当ですよ!www)

だから知らない人が移住したりして来ると、「あいつ誰や!どこから来た!」ってなるわけです。

そこで、本人がコミュ力を発揮し、地元民と仲良くなれれば、可愛がってもらえるのですが、、、

それがうまくできないと、田舎では陰湿ないやがらせ(畑荒らし)とかも全然まだあるので、かなり辛いと思います。

まぁ、、、辛いというか、多分耐えられなくて、その土地にはもういられなくなります。笑

致命的なトラブルは起こさないこと、そして最初の印象を良くすることは、田舎暮らしする上で重要なポイントです。

結構、このあたり盲点になってる方が多いと思いますので、ぜひご注意下さいね!!!

その3 楽しめる仕事がないとキツイ

田舎はやることがないです。

半径20km圏内にパチンコもない、ゲーセンもない、カラオケもない、娯楽は皆無。

なので、ある程度やりがいのある仕事(生業)を持っていないと、病みます。笑

形態は、フリーランスでも、雇われでも、どっちでもいいと思います。

ですが、少なからず自分が「楽しい!」と思える仕事じゃないと、、、多分メンタルを維持出来ないでしょう。

ユニクロもGUも、マックもモスバーガーもスタバも、スリーコインズもKALDIもない、我慢との戦い。

それが田舎暮らしなのです(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この清流の写真も、わたしの田舎です。

鮎とヤマメが有名で、毎年解禁になると、多くの釣り人で賑わいます。

田舎暮らしはデメリットも多いですが、メリットもあります。

もし「近々、田舎で優雅に〜・・・」と思ってる方がおりましたら、今回ご紹介したこの3つの条件をクリアできれば、概ね問題ないと思います。

個人的には、人口5万人以下の自治体って、結構閉鎖的な環境である場合が多いので、あまりおすすめしません。(もちろんその限りではないですが・・・可能性は高いかと)

ただ、人口が10万人程度にもなれば、それなりに100均や薬局、ホームセンターや大型イオンモールもちらほらあると思うので、利便性は上がりそうな感じ。

あと、都会に出やすいかどうかも重要ポイント。
(新幹線の駅が近くにあるとか、、空港が近くにあるとか、、)

移住先の自治体を選ぶ際、ぜひ人口や位置なども選考基準にしてみて下さいね!

それでは、今回はこの辺で。

田舎暮らしができない(←笑)、さっこがお送りいたしました★

追伸。
黙って免許とろぉ〜っと。笑




■この記事を書いたのは・・・さっこ

1988年生まれ。岩手県出身のwebライター。

元浪費家で、お金の知識不足で最大200万円の借金を背負い、辛く苦しい返済漬けの20代を送るも、固定費のない環境に変えることで何とか完済を果たす。

長年勤めていた大手企業は、元上司からの「主婦は会社のお荷物でしかない!」という心ない一言をきっかけに退職。独立起業を決意し、独学でwebライティングを学び、育児ブログを開設。SEO検索ワードで1位獲得。

過去の自分のように悩める人を救いたい、また、少しでも減らしたいその一心で、境地に寄り添えるママライターとして日々執筆活動を続けている。

趣味はサーフィン、パン作り、UFOキャッチャー(笑)
旅行が大好きで、12か国をひとり旅する。
転勤族の夫を持つ一児母。2019年男児出産。

計算中