【やめた家事】片づけのプロが「やめて正解だった~」と思うキッチンの必需品

2022/03/28
  • 片づけ、家事、料理、私らしい暮らし作りのコツを発信。無印良品好きで5年間のスタッフ経験有。 もっと見る>>

片づけのプロ・ライフオーガナイザーのおだけみよです。

毎日の暮らしを楽にするコツは「何かをやめること」
新しい家事を始めるよりも、家事をひとつやめることでひと手間なくなります。

「やめた家事」は人気のテーマのひとつです。
今回は家事のイライラが激減したやめてよかったアイテムを紹介します。

キッチンの定番「三角コーナー」やめました!

三角コーナーはキッチンで定番と言っては過言ではないアイテムのひとつです。

でも、こまめにお手入れしても避けられないのがヌメリ。
いつの間にかヌメヌメしてしまうのが悩みの種でした。
プラスチックから他の素材に変えても、完璧にヌメリをなくすことはできませんでした。

直置きをやめてみたら…

三角コーナーはシンクに直置きするタイプが定番です。
直置きすることでヌメリがつきやすくなると思い、吸盤でシンクの壁面に付けるタイプのものに変えてみました。

ヌメリはつかなくなりましたが、使っているうちに吸盤がズリっと落ちてくることが新たなストレスになってしまいました。

試行錯誤の末、辿り着いたのが無印良品の「水切り袋」

試行錯誤の末、辿り着いたのがコレ。
三角コーナーの代わりになる自立する紙製の水切り袋です。
耐水性がありシンクに置きっぱなしにしても、すぐに破れたりしません。

水切り穴がたくさんあって、水分が袋に溜まらないようになっています。

【SDG’s】無印らしいと感心したデザイン!

無印らしい!!と感心したのがこれ。
外袋も中の袋と同じ穴があり、水切り袋として使えるのが特徴。
外装にプラスチック袋を使わないデザインになっています。

商品詳細

商品名:紙製水切り袋
内容量:20枚入り
商品番号:44336021
価格:299円(税込み)

三角コーナーを使わなくなって変わったこと

三角コーナーのヌメリに悩まされたり、お手入れしたりといった手間がなくなり、ストレスが激減しました。
「やめて正解だった~」と思っています。

上手に家事を手放すコツ

このような話を聞くとすぐに手放したくなるのですが、その気持ちをぐっとこらえて、三角コーナーがない状態で1週間ほど様子をみるのがお勧めです。
捨てないでどこかに仕舞ってみましょう。
そして処分する前に本当に手放してもいいのか使い勝手を比較します。
本当になくても不便を感じないのか?を実際に試してみることが大事です。

「当たり前」を疑ってみる

三角コーナーは使っている人が多く、キッチンの必需品だと思ってずっと使ってきました。
持っているのが「当たり前」だと思っていたアイテムでした。
その当たり前を本当に必要かどうか検討することで、家事がラクになりました。

●この記事を書いたのは…おだけみよ

ライフオーガナイザー。
汚部屋主婦から片付けのプロに。
地方新聞ミニコミ誌にて2年間片づけのコツを連載。
サンキュ!STYLEでは片づけ、掃除、料理など、家事がラクになるコツを発信中!

計算中