【物の捨て方】夏に悩みがちな花火の処分方法は?

2022/07/04
  • 片づけ、家事、料理、私らしい暮らし作りのコツを発信。無印良品好きで5年間のスタッフ経験有。 もっと見る>>

片づけのプロ・ライフオーガナイザーのおだけみよです。

この時期になると、片づけでよく出てくる物のひとつが残った花火。
中にはお子さんが大きくなってすっかり忘れていて、数年経っている場合も。
片づけのサポートでもよく見かける初夏あるあるです。
そして、「捨て方がわからない」とよく言われるアイテムのひとつです。

今回は残った花火の処分方法を紹介します。

花火ってゴミとして回収してもらえるの?

花火は自治体のゴミ分別の仕方を見ても回収してもらえるか、もらえないのか…
イマイチわからなかったのです。

そこで居住している自治体に問い合わせをしてみました。

事前準備はこれだけでOK!

「火薬が使えなくなるよう1日程(バケツなどで)水につけます。
それから乾かして可燃ゴミとしてお出しください」

とのことでした。

ちなみにこれは家庭用の小さい花火の場合。
打ち上げ用の大きいものは引き取り不可になるものが多いので、確認が必要です。

自治体によって回収方法が違う場合も…

ゴミの分別や処分の仕方は自治体によって違うこともあります。
迷ったときは、お住いの自治体に問い合わせてみてくださいね。

今月号のサンキュ!でも・・・

別冊付録にて、「捨て方」大特集!
読者や片づけのプロの捨て方を大公開。

この夏の片づけに迷った時は、ぜひ参考にしてくださいね。

●この記事を書いたのは…おだけみよ

ライフオーガナイザー。
汚部屋主婦から片付けのプロに。
個人宅の片づけ作業サポートや片づけ講座開催などを中心に活動、
現在は執筆作業中心にオンラインでの情報発信を行う。
サンキュ!STYLEでは片づけ、掃除、料理など、家事がラクになるコツを発信中!

計算中